※記事の改善を目的に簡単なアンケートを記事の最下段に設置しています※
※わかりやすい、わかりにくい、両方の貴重なご意見を頂き、日々改善しております。※
※ご協力よろしくお願いいたします&ありがとうございます!※

等差数列と等比数列の積の問題の解法

等差数列と等比数列の積で表される数列の和を求める問題です。

基本問題

次の数列の第n項までの和を求めなさい。
2\cdot 2,4\cdot 4,6\cdot 8,8\cdot 16,...

解き方

まずは数列の一般項を求めましょう。
等比数列はその公比を掛けると項が1つずれます。
項を1つずらして計算する方法で計算が簡単になる場合があります。
これを利用します。

解説

2\cdot 2,4\cdot 4,6\cdot 8,8\cdot 16,...
まず一般項を求めましょう。
親切に積で表してくれています。
左側:2,4,6,8,...
2ずつ増えています。
2nで表される等差数列ですね。
右側:2,4,8,16,...
2倍2倍で変化しています。
22^{n-1}で表される等差数列ですね。
従って一般項は(2n)\cdot \left(2\cdot 2^{n-1}\right)=4n2^{n-1}ですね。

次に第n項までの和S_nです。
S_n=4\cdot 1 \cdot 1+4 \cdot 2\cdot 2^1+4 \cdot 3\cdot 2^2+...+4(n-1)2^{n-2}+4n2^{n-1}
これは等比数列部分の公比2を掛けて、各項を1つずらした値を使いましょう。
S_n=4\cdot 1 \cdot 2^0+4 \cdot 2\cdot 2^1+4 \cdot 3\cdot 2^2+...+4(n-1)2^{n-2}+4n2^{n-1}
2S_n=4\cdot 1 \cdot 2^1+4 \cdot 2\cdot 2^2+4 \cdot 3\cdot 2^3+...+4(n-1)2^{n-1}+4n2^n
そして、元の式から公比を掛けた数を引きます。
このとき2^mが同じ部分同士を引き算していきます。

左辺はS_n-2S_n=-S_nですね。
S_nの1項目にあたる4\cdot 1 \cdot 2^0は引く相手がいません。
S_nの2項目にあたる4 \cdot 2\cdot 2^12S_nの1項目にあたる4\cdot 1 \cdot 2^1を引きます。
4 \cdot 2\cdot 2^1-4\cdot 1 \cdot 2^1=4\cdot (2-1)\cdot 2^1=4\cdot 2^1
S_nの3項目にあたる4 \cdot 3\cdot 2^22S_nの2項目にあたる4\cdot 2 \cdot 2^2を引きます。
4 \cdot 3\cdot 2^1-4\cdot 2 \cdot 2^1=4\cdot (3-2)\cdot 2^2=4\cdot 2^2
S_nのn-1項目にあたる4(n-1)2^{n-2}2S_nのn-2項目にあたる4(n-2)2^{n-2}を引きます。
4 \cdot (n-1)\cdot 2^{n-2}-4\cdot (n-2) \cdot 2^{n-2}=4\cdot ((n-1)-(n-2))\cdot 2^{n-2}=4\cdot 2^{n-2}
S_nのn項目にあたる4n2^{n-1}2S_nのn-1項目にあたる4(n-1)2^{n-1}を引きます。
4 n2^{n-1}-4\cdot (n-1) \cdot 2^{n-1}=4\cdot (n-(n-1))\cdot 2^{n-1}=4\cdot 2^{n-1}
2S_nのn項目にあたる4n2^nは引かれる相手がいません。

つまり-S_n=4(\cdot 1 \cdot 2^0)+(4\cdot 2^1+4\cdot 2^2+...+4\cdot 2^{n-2}+4\cdot 2^{n-1})-(4n2^n)です。
4\cdot 2^1+4\cdot 2^2+...+4\cdot 2^{n-2}+4\cdot 2^{n-1}は項数がn-1個で、初項が8、公比2の等比数列の和になっていますね。
\displaystyle -S_n=4(\cdot 1 \cdot 2^0)+8\frac{2^{n-1}-1}{2-1}-(4n2^n)
となります。
きれいに計算が進んで気持ちいいですね

後はこれを少しきれいにしましょう。
\displaystyle -S_n=4(\cdot 1 \cdot 2^0)+8\frac{2^{n-1}-1}{2-1}-(4n2^n)
\displaystyle S_n=-4-8(2^{n-1}-1)+4n2^n
\displaystyle S_n=-4-8\cdot 2^{n-1}+8+4n2^n
\displaystyle S_n=4-4\cdot 2^n+4n2^n
\displaystyle S_n=4+4(n-1)2^n
\displaystyle S_n=4+(n-1)2^{n+2}
答えです。

終わりに

等比数列が含まれている場合は有効です。
応用して使えると気持ちいいですね。
知っていれば得点しやすいですが、知らないと得点しにくい問題だと思います。

関連

数列の和から一般項の解法
部分分数分解を利用する数列の解法
等差数列の解法
等比数列の解法
Σの計算の問題の解法
階差数列の解法

0

アンケートのご協力をお願いいたします

最後までお読みいただきありがとうございました。 よろしければ記事改善のためのアンケートにご協力頂けましたら幸いです。 頂いた内容をもとに近日中に記事を改善させていただきます。 ご質問は数学の問題に関する質問から頂けますとお返事させて頂きます。

記事を作成するうえでの参考にご意見いただければ幸いです。

疑問は解消されましたか?
 された されなかった

このページの記事の内容はわかりやすかったですか?
 わかりやすい わかりにくい

よろしければわかりにくい場合の理由を教えてください。
 細かすぎる、当たり前なところまで書きすぎ 粗すぎる、行間の不足、論理の飛躍 前提となる知識の記載が無い 言葉の意味が分からない 答えに至る過程の何故そう考えたかの記載が無い 難しすぎてわからない 簡単すぎる 求めていた例題と異なる

ご要望やご意見、もしくは困っている事等(任意)


内容に問題が無ければこちらにチェックをつけて送信ボタンをクリックしてください。

数学解法の目次ページ

数学のコンテンツで数学の演習問題の解法を解説しています。 高校の範囲に限定した目次を作成しました。
高校数学の解法(目次)
数学のコンテンツで数学の演習問題の解法を解説しています。 中学校の範囲に限定した目次を作成しました。
中学数学の解法(目次)
数学, 解法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存