スマートフォン

私が携帯電話を使い始めたのは約20年前、高校生になってからでした。
7,8年前にスマートフォンが出始め、今や中学生の7割が所有しているとのことです。
高校等ではスマートフォンのアプリで学校の情報を発信するところもあります。

インターネットが普及し、この技術を利用できると、人生はより豊なものになっていくでしょう。
ここで言う利用とは、動画を見ることができるとか、サイトを閲覧できるとか、そういう意味ではありません。
インターネットとコンピュータに関する情報技術そのものや、それを利用した商材を作る側、知的好奇心を満たすような学習に使えるようになれるかどうかです。
学生の頃からインターネットに触れていると有利に働く部分も多少あるかもしれません。

「動画を見ることができる」とか「サイトを閲覧できる」という使わされる側はどうでしょうか。
人生の中で貴重な成長期を、広告収入を目的とした面白いだけの動画等に費やしています。
また、悪質で有害なサイトも数多く存在しています。
かなり搾取され、多くの中学生や高校生が犠牲になっているのではないでしょうか。
このような不利に働く使い方しかできていない学生がほとんどだと感じてしまいます。

技術は使う人によってその価値が変わります。
使い方を間違えれば薬も毒になるよう、技術も人を殺す道具になってしまいます。
どうか日本の学生には情報技術を自分に有利に働かせる事が出来る人間に育ってほしいと思います。
そのためには有利に活用できるようになったタイミングで、このような機器を手にすることが望ましいのではないでしょうか。
そうしなければ有利活用できるまでの成長ができないまま、早すぎる副作用の方が強く、どんどん衰退してしまいます。
子供に悪影響を与えるために毎月の金額を支払っているのは大変もどかしいと感じる方も多いかと思います。

誰かが持っているから欲しい気持ちはわかります。
なのでいっそ免許制にでもしてしまえばいいのではないかと思います。
普通運転免許を取得できないのですから、スマートフォンも取得できなくても良いのでは?
利用できる側になるためにはそこそこの頭の良さは必要ですから、そこそこ難しい試験で良いと思います。

余談ですが私はスマートフォンを解約したいと思っています。
インターネットやコンピュータの利用できる環境は手放せませんが、私の生活にスマートフォンはいらないかな・・・。
困るのは出張した時くらいでしょうね。

4+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ