2018年センター試験の数学ⅡB

数学ⅠAに続き、センター試験の数学の問題に取り組みました。
傾向等というよりは感想に近いものになります。

総評

速報では平年並みと言ったところでしょうか。
全ての大問で特筆して難しいものが無く、平均的に向上し100点も取りやすかったのではないかと思います。
私としては易化しているように感じました。
問題がそもそも易化している点に加え、時間が足りず得点できないという方の点数が軒並み上がるのがその理由です。

特に数列とベクトルで顕著に易化していると感じました。
基礎的な勉強をしっかりできていた方にとっては過去問を解いてきた中でも高得点になったのではないかと思います。
数学ⅡBは特に時間との勝負にもなりますが、大問3,4が短時間で解けると感じましたので、正答率が高いものの時間との勝負だった方は得点を伸ばすことができたのではないでしょうか。

特徴として、数学ⅡBとしては差が付きにくく、高得点層に団子状態になってしまうのではないかと思います。

大問1

三角関数と対数不等式の基礎的な問題です。
基礎的な内容がわかっていれば得点しやすいと思います。

大問2

微積分ですが基本に忠実に計算するだけで得点になります。
どうしても計算に時間が掛かる大問にはなると思います。
大問3,4に時間が掛からないため、時間を意識して取り組んできた方にとっては問題なかったでしょう。

大問3

等差数列と等比数列の基礎ができているだけで半分以上取れてしまう問題でした。
二つの数列を組合せた数列でやや難しく感じたかもしれませんが、丁寧に例まで載せてくれています。
誘導がかなり甘く、得点しやすいうえに、時間もそれほどかからず解答できる問題だったでしょう。

大問4

ベクトルも基本的な考え方のみで得点を伸ばしやすい問題でした。
文字のマークを間違える可能性がある点位でしょうか。

センター数学の総評

数学ⅠA、ⅡBを合わせて易化していると感じました。
特に数学ⅡBで平均点が相当高くなっているのではないかと思います。
数学が得意な人にとって、これは少し不利益だったかもしれません。

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村