オリンピックの解説で気になったこと

スポーツの観戦は昔から好きでした。
特にオリンピックになるとさまざまな競技でご活躍される方々を見て、勇気を頂いております。
今回ほとんど見れませんでしたが、ニュース等でご活躍を拝見しております。

タイトルの気になったことですが、「体格差」についてのコメントです。
具体的なコメントには言及しませんが、体格に優劣をつけて勝ち負けを評価している解説がありました。
大きいから強い、小さいから強い、という表現は適切ではないのではないかなと思います。
もう少し表現を加えると、可能性を縮めてしまっているのではないかなと思います。

それぞれ自分の体をうまくコントロールして結果を出していると思います。
自分の体に適した技術を磨いて闘われているのではないかなと思います。
偉そうなこと言える立場ではないのですが、
「体格に優れているから勝った」
と思ってほしくはないですし、
「体格で劣っているから負けた」
とも思ってほしくない。
同じく
「体格に優れているのに負けた」
と思ってほしくはないです。
※「体格で劣っているのに勝った」からと言って過剰に反応するのもどうかと思います。

それよりも、そこに至る過程でどういう思いで取り組まれていたのか等に目を向けたいなと思っています。
やっぱり本気で何かに夢中になっている姿は美しいです。

一応触れておくと勉強も同じですよね。

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村