英語の教材作成

ここ最近、英語という科目の教材作成に注力しております。
目的が英語という科目なので、英文を読めたり話せるようになるための教材ではありません。
学校で学ぶ英語がそれで良いとも思えないのですが、今日はそういう話ではありません。

英語は単語をどのように並べるかが難しいんですよね。
「単語は覚えるしかないと思うんですが、覚えられたとしても正しく並べる方法がわからない。」
実はそれは覚えるべきポイントがずれていて、覚えることができていないのだと思います。
無理やり日本語と英語を結び付けるような教わり方をしてしまうためだと思います。
(たぶん実際はそこは気を付けていても、生徒からするとそう聞こえてしまう・・・)

私は理系脳と言いますか、論理的に考えて分かろうとします。
今作っている英語教材は、そんな人が作った、そんな人向けの教材です。
中々の大作で、もうしばらくかかりそうなのですが。

いきなり品詞の説明から入ったり、疑問文や否定文等の説明よりも、分詞やto不定詞の説明を前に持ってきていたりします。
簡単な例を挙げると「I studying English.」が誤りで「I am studying English.」が正しい事が明確にわかるように編集しています。
内容からして問題として割合の多い「読解」や「並び替え」の問題には相当強くなれるんじゃないかなと思っています。

一方、疑問文や否定文は後回しなので、学校で学ぶ順序とは大きくかけ離れています。
中学生の期間で繰り返し学んでもらいたく、中学一年生でも一般動詞を学んだくらいで中学三年生までの内容がわかるようには工夫しています。
ただ、学校よりも早く色々な事を学んでしまうと、試験で使って減点される可能性があるのが怖いんですよね。
例えばto不定詞で答えて欲しい問題に動名詞で答えてしまったり・・・ちゃんと違いは記載していきますが。
そんな教材は世の中から求められるのでしょうか・・・?
(あると信じて作っているのですが)

4+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村