映画館の涙

映画はお好きでしょうか?
私は高校生の頃に映画をよく見るようになり始めました。
とはいえ、よく見る時期、見ない時期を繰り返しています。

特にヒューマンドラマと言いますか、人の本質を見る事のできる映画が好きです。
好きなものに没頭する姿であったり、困難を乗り越えていく姿に感動します。
映画に限らずドラマも同じく好きで、良く涙しています。

話は変わりますが、ある作品にこんなシーンがありました。

主人公グループ数人がある勝負を始めます。
不意のアクシデントで仲間の一人が怪我をしてしまいます。
主人公は仲間の怪我に対して直接自分ができる事は無い。
自分にできる事は勝負に勝つことだと考えます。
一方、他の仲間は仲間の怪我を憂い、泣いてしまいます。

それを見た人の台詞が考えさせられるものでした。
少しアレンジしています。

何を泣いているのか。
泣けば仲間を思いやることになるのか?
これで泣くのは映画館の涙と同じ。
自分では何も行動せずに感動だけはもらおうっていう横着者の涙。
そうじゃない。
行動なんだよ。
人生は。

映画館の涙って、確かにそうなんですよね。
自分で行動して得るものにこそ、本当の感動があるはずです。
確かに映画の物語の中で、他人が行動し得たものがスクリーンに映される。
自分の行動を横着していると言われれば、確かにそうなのかもしれません。
映画の涙を「横着者」と表現されたところに、胸に刺さるものがありました。

ただ、映画やドラマの涙することを否定するつもりはありません。
私はこれからも映画やドラマに泣かされる事でしょう。
※たぶん作者もそうでは無いかと思いますが、どうでしょうか、、、
大切な事は、自分の人生に活かすことだと思います。
「どうせ映画の中の世界」と諦めてしまっては、何も成しえないでしょう。
自分の人生でも映画と同じように、自らの行動で切り開いていかなければなりません。
そうしなければ作中のとおり、ただの横着者になってしまうでしょう。

1+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村