※記事の改善を目的に簡単なアンケートを記事の最下段に設置しています※
※わかりやすい、わかりにくい、両方の貴重なご意見を頂き、日々改善しております。※
※ご協力よろしくお願いいたします&ありがとうございます!※

等差数列になる漸化式の問題の解法

a_{n+1}=a_n+dの形の漸化式の一般項を求める問題です。

基本問題

a_1=1,a_{n+1}=a_n+5の一般項a_nをnの式で表しなさい。

解き方

第n+1項が第n項にある定数を足していくような漸化式です。
一定の値ずつ増えていくわけですから、このタイプの漸化式は等差数列になります。

解説

a_1=1,a_{n+1}=a_n+5の一般項a_nをnの式で表しなさい。

初項が1、公差が5の等差数列になりますね。
つまりa_n=5(n-1)+1=5n-4になります。

応用問題

\displaystyle a_1=1,a_{n+1}=\frac{4a_n}{a_n+4}の一般項a_nをnの式で表しなさい。

解き方

「おいおい、前々形違うじゃないか?」
と思われるかもしれませんが、変形することでa_{n+1}=a_n+dの形の漸化式になります。
これが漸化式の問題の難しくもあり、面白くもある要素です。

解説

\displaystyle a_1=1,a_{n+1}=\frac{4a_n}{a_n+4}の一般項a_nをnの式で表しなさい。

この式、分数になっているのが難しくしている要素です。

分数を消すために、両辺にa_n+4を掛ける手があります。
しかし、a_{n+1}\cdot a_nという項が出てきます。
これはこれで解きにくい

他に分数を消す方法が無いか?
よくよく見るとさらに難しくしているのは、分母がa_n+4と和になっている点です。
分母の和を取り払うためには、逆数をとるという手法があります。
逆数をとる際に1点注意しなければならないのは、0で除算してはいけないという点です。
式を変形する際はこれだけは忘れないでくださいね。

a_1>0ですがa_n=0となるnがあると仮定します。
\displaystyle a_{n}=\frac{4a_{n-1}}{a_{n-1}+4}ですから分子のa_{n-1}も0となり、すべてのa_nが0となり矛盾します。
よって、全ての自然数nに対しa_n\ne 0になります。

逆数をとってみます。
\displaystyle \frac{1}{a_1}=1,\frac{1}{a_{n+1}}=\frac{a_n+4}{4a_n}
\displaystyle =\frac{a_n}{4a_n}+\frac{4}{4a_n}
\displaystyle =\frac{1}{4}+\frac{1}{a_n}
\displaystyle \frac{1}{a_{n+1}}=\frac{1}{4}+\frac{1}{a_n}
これは\displaystyle b_n=\frac{1}{a_n}としたくなりますね

\displaystyle b_n=\frac{1}{a_n}とすると、
\displaystyle b_1=\frac{1}{a_1}=1,b_{n+1}=\frac{1}{a_{n+1}}
ですから、
\displaystyle b_{n+1}=\frac{1}{4}+b_n
となりb_nは初項が1、公差が\displaystyle \frac{1}{4}の等差数列になります。
\displaystyle b_n=\frac{1}{4}(n-1)+1=\frac{1}{4}n+\frac{3}{4}
また、b_nb_n\ne 0になります。

\displaystyle b_n=\frac{1}{a_n}としたので、\displaystyle a_n=\frac{1}{b_n}になります。
\displaystyle a_n=\frac{1}{\frac{1}{4}n+\frac{3}{4}}
\displaystyle a_n=\frac{4}{n+3}

従って、一般項は\displaystyle a_n=\frac{4}{n+3}になります。

終わりに

漸化式から数列がどんな数列になるかイメージするために良い問題です。
「次の項は前の項に一定の値を足す・・・等差数列か」
と、式を暗記せずに理解できると良いですね。

応用問題は問題を見た瞬間に「等差数列の形にできる」と気付くのは難しいでしょう。
実際a_nは等差数列では無いですからね。
知っている漸化式に変形するためにはどうしたらいいかを思いつけるようになりましょう。

関連

等比数列になる漸化式の問題の解法
階差数列から求める漸化式の問題の解法
等比数列と定数項の和になる漸化式の問題の解法
隣接三項間の漸化式の問題の解法
漸化式の問題解き方まとめ

1+

アンケートのご協力をお願いいたします

最後までお読みいただきありがとうございました。 よろしければ記事改善のためのアンケートにご協力頂けましたら幸いです。 頂いた内容をもとに近日中に記事を改善させていただきます。 ご質問は数学の問題に関する質問から頂けますとお返事させて頂きます。

記事を作成するうえでの参考にご意見いただければ幸いです。

疑問は解消されましたか?
 された されなかった

このページの記事の内容はわかりやすかったですか?
 わかりやすい わかりにくい

よろしければわかりにくい場合の理由を教えてください。
 細かすぎる、当たり前なところまで書きすぎ 粗すぎる、行間の不足、論理の飛躍 前提となる知識の記載が無い 言葉の意味が分からない 答えに至る過程の何故そう考えたかの記載が無い 難しすぎてわからない 簡単すぎる 求めていた例題と異なる

ご要望やご意見、もしくは困っている事等(任意)


内容に問題が無ければこちらにチェックをつけて送信ボタンをクリックしてください。

数学解法の目次ページ

数学のコンテンツで数学の演習問題の解法を解説しています。 高校の範囲に限定した目次を作成しました。
高校数学の解法(目次)
数学のコンテンツで数学の演習問題の解法を解説しています。 中学校の範囲に限定した目次を作成しました。
中学数学の解法(目次)
数学, 解法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存