スポンサーリンク

情報商材に対する印象

ホームページのリニューアルに伴い一部のページは新しいサイトにリダイレクトされます。

 

こんばんは。

情報商材を買ってみたことはありますか?
実際に購入したことがある私が持っている情報商材に対する印象についてです。
なお、大量に購入しての感想では無いので、あまり鵜呑みにはされない方が良いです。

ちなみに珍しく?少し否定的な見解を綴っています。

何故買ったのか

こういう商品の価値を確認しておきたかったんですね。
なので、当たり前ですが信頼している方で、かつ情報商材の購入経験もありそうな方の販売しているものを選びました。
また、その方が見てきたものよりは質がいいものを販売するはずだと思っています。

内容について

ある程度私が知識を持っているものを選びました。
購入の理由から、内容をきちんと吟味できないといけないですからね。
私が知っている分野だったことや異なる目的の視点を見て読んでいる点を踏まえても、情報の質は私の期待しているものではありませんでした。
調べればわかる内容や、少し考えたり経験すればわかる内容が大半を占めいているんですね。
情報の量(紙の枚数)はそこそこあるのですが、内容の量はあまり多くは無かったですね。
ただ、書籍では中々書かれていないような内容も、書かれている可能性があります。
その点に価値を見出すかどうかですかね。

価格

情報商材はテキスト(その紙として)の内容量が多いためか、販売方法のためか、書籍などと比べるとかなり高いことが多いです。
販売されている情報の質と量からして、とても見合うものではなかった印象です。

最初は無料と思っていたものが、いつしか有料のものを販売するための「入口」だったりしますよね。
無料の情報に手を出すときは、もし有料のものが出てきたときにどうするかを線引きしておくと良いかもしれませんね。

販売方法

私はこの部分でものすごく引っ掛かります。
みんながみんなではないと思うのですが、メルマガなどで購入を扇動されますよね。
「今だけ」系
※ちなみにいつまでもメルマガで繰り返し販売されているケースは、広告的に「有利誤認表示」になりNGだと思うのですが
「幸せになるか、不幸になるか、どっちを選ぶか」系
「信じられない人には買ってほしくない」系
「続々お申込みいただいている」系
色々あります。
それを宇鵜呑みに期待して買ってしまう方にも問題があるかもしれませんが、それも見越してそういう「売り方」をされているわけです。
確かに素晴らしい作品が、買ってもらえず読んでもらえないことは社会の損失だと思います。
しかし、やはりこういう売り方には賛同できないですね。

買ってみての感想

価格が高いので余裕のある方は良いかもしれませんが、あまりおすすめできるものではなかったです。
販売者様の信頼や評価はあまり変わっていないのですが、再度情報商材という形で何かを買おうとは思わないですね。

マインドの部分で優れている方が研究の結果を販売されているという印象はあります。
改善に改善を重ねていける方でないと生み出せませんからね。
それを見極める材料にはなるかもしれませんが、こういう目的だとちょっと高いですよね。

もしできるのであれば、情報商材を購入する形ではないお付き合いが良いのかなと思います。
ブログやメルマガを読んだり、直にお会いする形ですね。

私がある程度知識を持っている分野が、情報商材として成熟していない分野なのかもしれませんので、分野によってもまた違った見解になるかもしれません。
私はもう購入すること(というか関わること)は無いと思いますが・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
スポンサーリンク