※記事の改善を目的に簡単なアンケートを記事の最下段に設置しています※
※わかりやすい、わかりにくい、両方の貴重なご意見を頂き、日々改善しております。※
※ご協力よろしくお願いいたします&ありがとうございます!※

倍数の集合の個数の問題の解法

倍数の集合の個数に関する問題です。

基本問題

(1)100以下の自然数のうち、「4かつ7の倍数」、「4または7の倍数」、「4と7の少なくとも一方で割り切れない整数」の個数を求めなさい。
(2)100より大きく200以下の自然数のうち、「4かつ7の倍数」、「4または7の倍数」、「4と7の少なくとも一方で割り切れない整数」の個数を求めなさい。

解き方

集合の要素の個数の問題ではn(A\cup B)=n(A)+n(B)-n(A\cap B)を使いましょう。
ベン図を描くとこの公式も明らかでわかりやすいと思います
n(A\cap B)=n(A)+n(B)-n(A\cup B)と変形もできますね。

補集合の個数n(\overline{A})場合は、全体集合の個数からn(A)を引いても良いですね。
また、ド・モルガンの法則も有効です。

解説

A=\{4n|4n \leq 100,nは自然数\}B=\{7n|7n \leq 100,nは自然数\}C=\{4n|4n \leq 200,nは自然数\}D=\{7n|7n \leq 200,nは自然数\}とします。

(1)100以下の自然数のうち、「4かつ7の倍数」、「4または7の倍数」、「4と7の少なくとも一方で割り切れない整数」の個数を求めなさい。
まず全体集合が100以下の自然数になりますからA,Bの全体集合Uを100以下の自然数とします。

「4かつ7の倍数」の個数
AとBの共通部分の集合の個数n(A\cap B)になります。

n(A\cap B)は100以下の28の倍数の個数ですから、100\div 28=3.5..よりn(A\cap B)=3

「4または7の倍数」の個数
AとBの和集合の個数n(A\cup B)になります。

n(A)は100以下の4の倍数の個数ですから、100\div 4=25よりn(A)=25
n(B)は100以下の7の倍数の個数ですから、100\div 7=14.2..よりn(B)=14
n(A\cap B)=3でした。
n(A\cup B)=n(A)+n(B)-n(A\cap B)=25+14-3=36
※最後の足し算引き算の誤りを指摘いただいて、2018/06/03修正しました!ありがとうございました!

「4と7の少なくとも一方で割り切れない整数」の個数
4で割り切れない、もしくは7で割り切れないという事ですから、個数n(\overline{A} \cup \overline{B})になります。
4と7の最小公倍数の28の倍数の集合Eの補集合\overline{E}が問題の集合になるという事を使ってn(\overline{E})を求めても良いですが、集合が等しくなることは証明して求めてくださいね。
マーク式で時間が足りない場合は「感覚」で進めることも時には必要ですが、「感覚」で進めてしまうと間違えたり、証明が不足していれば減点されてしまいますから注意しましょう
今回はEのような集合を使わず、既存の集合だけを使って進めていきたいと思います。

n(\overline{A} \cup \overline{B})=n(\overline{A})+n(\overline{B})-n(\overline{A} \cap \overline{B})
で求める事もできますが、\overline{A} \cap \overline{B}は求めていません。
求めるのが大変そうですね。

ド・モルガンの法則を使って、\overline{A} \cup \overline{B}=\overline{A\cap B}になります。
もちろん集合が同じわけですから、n(\overline{A} \cup \overline{B})=n(\overline{A\cap B})になります。
n(\overline{A} \cup \overline{B})=n(\overline{A\cap B})=n(U)-n(A\cap B)
これで求める事ができそうですね。

n(\overline{A} \cup \overline{B})=n(\overline{A\cap B})=n(U)-n(A\cap B)=100-3=97

(2)100より大きく200以下の自然数のうち、「4かつ7の倍数」、「4または7の倍数」、「4と7の少なくとも一方で割り切れない整数」の個数を求めなさい。
C,Dの全体集合U’を200以下の自然数としてそれぞれ200以下の個数を求め、(1)で求めた個数を引いてみましょう。

「4かつ7の倍数」の個数
CとDの共有部分の集合の個数からAとBの共通部分の集合の個数を引いたn(C\cap D)-n(A\cap B)になります。

n(C\cap D)は200以下の28の倍数の個数ですから、200\div 28=7.1..よりn(C\cap D)=7
n(C\cap D)-n(A\cap B)=7-3=4

「4または7の倍数」の個数
CとDの和集合の個数からAとBの和集合の個数を引いたn(C\cup D)-n(A\cup B)になります。

n(C)は100以下の4の倍数の個数ですから、200\div 4=50よりn(C)=50
n(D)は100以下の7の倍数の個数ですから、200\div 7=28.5..よりn(D)=28
n(C\cap D)=7でした。
n(C\cup D)=n(C)+n(D)-n(C\cap D)=50+28-7=71
n(C\cup D)-n(A\cup B)=71-35=36

「4と7の少なくとも一方で割り切れない整数」の個数
200以下のものから100以下のものを引くのでn(\overline{C} \cup \overline{D})-n(\overline{A} \cup \overline{B})です。

100以下の計算と同様にド・モルガンの法則を使ってn(\overline{C} \cup \overline{D})を求めます。
n(\overline{C} \cup \overline{D})=n(\overline{C\cap D})=n(U')-n(C\cap D)=200-7=193
n(\overline{C} \cup \overline{D})-n(\overline{A} \cup \overline{B})=193-97=96

終わりに

公式を覚えなくても、ベン図さえかければ公式は直ぐに出てきますね。
補集合が出てくるケースはド・モルガンを使えると間違いも減って楽もできると思います。

関連

ド・モルガンの法則の問題の解法

アンケートのご協力をお願いいたします

最後までお読みいただきありがとうございました。 よろしければ記事改善のためのアンケートにご協力頂けましたら幸いです。 頂いた内容をもとに近日中に記事を改善させていただきます。 ご質問は数学の問題に関する質問から頂けますとお返事させて頂きます。

記事を作成するうえでの参考にご意見いただければ幸いです。

疑問は解消されましたか?
 された されなかった

このページの記事の内容はわかりやすかったですか?
 わかりやすい わかりにくい

よろしければわかりにくい場合の理由を教えてください。
 細かすぎる、当たり前なところまで書きすぎ 粗すぎる、行間の不足、論理の飛躍 前提となる知識の記載が無い 言葉の意味が分からない 答えに至る過程の何故そう考えたかの記載が無い 難しすぎてわからない 簡単すぎる 求めていた例題と異なる

ご要望やご意見、もしくは困っている事等(任意)


内容に問題が無ければこちらにチェックをつけて送信ボタンをクリックしてください。

数学解法の目次ページ

数学のコンテンツで数学の演習問題の解法を解説しています。 高校の範囲に限定した目次を作成しました。
高校数学の解法(目次)
数学のコンテンツで数学の演習問題の解法を解説しています。 中学校の範囲に限定した目次を作成しました。
中学数学の解法(目次)
数学, 解法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存