スポンサーリンク

光の三原色と色の三原色とip2700

ホームページのリニューアルに伴い一部のページは新しいサイトにリダイレクトされます。

 

こんにちは。

光の三原色と色の三原色はご存知でしょうか?
光の三原色は、テレビの光を連想頂けるとわかりやすいと思いますが、RGBの赤緑青です。
色の三原色は、カラープリンターのインクを連想頂けるとわかりやすいと思いますが、シアン、マゼンダ、イエローの水色、赤紫、レモン色です。

何故違うのか?
色は光を反射した結果その色として見えます。
赤い色に見えるのは、赤以外の光を吸収し、赤い光を反射しているためです。
ある意味では、赤い光を出していると言っても良いでしょう。
そこに原理の違いがあります。

シアン、マゼンダ、イエローの光は、緑+青、赤+青、赤+緑、でできています。
これは、シアンは赤を吸収し、マゼンダは緑を吸収し、イエローは青を吸収するという事になります。
シアン+マゼンダは、赤と緑を吸収するので、青い光だけを反射し、青く見えます。
同じように、シアン+イエローは緑、マゼンダ+イエローは赤に見えます。
シアン+マゼンダ+イエローは赤も緑も青も吸収するので黒くなります。

パソコンの画面で緑を表示するには緑を点滅させ、プリントした紙で緑を表示するにはシアンとイエローを混ぜて赤と青の光を見えなくして緑を表現する。
パソコンの画面で紫を表示するには赤と青を点滅させ、プリントした紙で紫を表示するにはマゼンダによって緑の光を見えなくして紫を表現する。
光の三原色には足し算、色の三原色には引き算のような違いがあるといえると思います。 

印刷機に関連する話題ばかりで恐縮です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
スポンサーリンク