出来ない言い訳ではなく、出来る方法を考える

多くの中学校や高校で、2学期期末試験の時期になっています。
試験対策の指導が中心となっていますが、今日も試験対策を頑張ってくれました。

学校の授業中も試験対策になっているそうですが、帰宅後も自宅で対策を進め、塾に来て対策してくれる子もいます。
試験一月前位から試験の事を意識して努力し、早めに学校ワークを完了させ、プラスαの学習をしてくれています。
おかげ様で学校ワークでは見つからなかった不明点が次々と見つかり、解消してくれているようです。
不明点が残っているという意味ではあまり良い事ではないかもしれません。
一方で、不明点が見つかり解消できているという事は、今の勉強に意味があるわけです。
一回のワークでは不明点が見つからない事もあり、別のワークや、同じ問題を時間を空けてもう一度解くと不明点が見つかるものです。
それに気付けてプラスαの勉強ができている、大変すばらしい事だと思います。
テスト明けにはこういった気付きを得るために、テスト勉強の振り返りも行っています。
きっと次も今回の事を踏まえて、更に良い対策を考えてくれることでしょう。

考えて勉強していれば、ワークの進め方も変わり、それは成績に現れてきますよね。
例えば学校の試験範囲が一週間前でも終わっていないという事はよくあり、それでワークが進んでいないという子がいます。
気持ちはわかります。
気持ちはわかるのですが、こういうところを言い訳にしてしまうと、なんでもうまくいきません。
自分の頭で出来る方法を考えてもらいたいと思っていて、そういう指導をしていけるようにしたいと思っています。

塾に来た頃はそんな事は教わってこなかったため
「学校の先生の言う通りワークをぎりぎりになって終えてそれだけ」
な生徒様がほとんどです。
「学校の先生が悪い」
と言う事になって、そこから学べていません。
それはそういう事を教えてくれたり、気付かせてくれる人がいなくて、当然なことかもしれません。
私の話を真摯に受け止めてくれて、言い訳をせずに出来る方法を考えてくれる子もいます。
一週間前に試験範囲が終わっていない状況でも、学校ワークは完了し、プラスαの勉強が出来るようになります。
こういうところを第三者の大人の目でしっかりフォローできるかどうかで差が出てきますね。

6+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ