スポンサーリンク

カスタム投稿のRSSの設定方法

ホームページのリニューアルに伴い一部のページは新しいサイトにリダイレクトされます。

 

「RSS機能が使えてないよ!」というご指摘を頂きましたので、RSSの設定にまつわる話をまとめておきたいと思います。
「カスタム投稿のRSSの設定方法」というタイトルなのでRSSの説明などそもそも不要だったかもしれないと思いつつ、始めます。

RSSとは

RSSは「RDF site summary」です。
RDFは「Resource Description Framework」です。
書いておいてですが、私にはさっぱりわかりませんでした。

ニュースやブログなど各種のウェブサイトの更新情報を簡単にまとめ、配信するための幾つかの文書フォーマットの総称である。

wikipedia RSS

「サイトの更新情報をまとめたもの」と考えてよいと思います。
サイトの右上にある
RSSのicon

のアイコンを押していただくか、RSSのiconください。
当サイトの更新情報が表示されるかと思います。
なお、Google chromeは拡張機能を使わないとxmlが表示され、いまいちわかりにくいものが表示されるかもしれません。

RSSリーダー

RSSの情報を元に、サイトの更新状態をサイトを見なくても確認することができる、RSSリーダーなるものが存在します。
ブログや情報サイトを頻繁に確認される方はRSSリーダーで更新情報から瞬時に情報を取りに行くか判断しています。
※これは私の妄想です。
しかし、RSSが重要であるということはお分かりいただけるかと思います。

カスタム投稿のRSSの設定方法

やっと本題です。
まず当サイトのRSS機能が使えていない理由についてです。

WordPressのRSS

当サイトはWordPressで作成していますが、WordPressのRSSは標準ではpostタイプの投稿のみが対応しています。
私はすべてカスタム投稿で記事を投稿していましたので、postタイプの投稿が一切ありません。
そのため、RSS機能が使えていない状態になっていました。

WordPressのRSSにカスタム投稿を追加する

細かいお話は割愛しますが、「functons.php」のバックアップを取得し、以下を追記します。

function custom_post_rss_set($query) {
  if(is_feed()) {
    $query->set(‘post_type’,
      Array(
        ‘post’,
        ‘hogehoge’
      )
    );
    return $query;
  }
}
add_filter(‘pre_get_posts’, ‘custom_post_rss_set’);

これにより、カスタム投稿「hogehoge」がRSSの更新情報に追加されます。

まとめ

「RSSリーダーを利用してサイトを見る」ということをしていなかったこともあり、「RSS?」という状態でしたが、なんとかRSS機能を使えるようになったと思います。
WordPressでうまくRSSの更新情報が表示されずにお困りの方がおられましたら、カスタム投稿を利用していないか確認いただくのも良いかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
スポンサーリンク