VBAで起動すると同時に停止してしまうとき対処法

VBAでworkbook_openの処理ではまってしまった方向けの記事です。

停止するのが早すぎて止められない

VBAを使って起動と同時にマクロを動かせるworkbook_openはよく使われると思います。
しかし、エラーハンドリングで強制終了させている場合にデバッグにも入れず、プログラムの修正が出来なくなってしまう場合もあります。
そんな時は以下のコードを適当なsubを作ってそれを実行させた状態で、対象のExcelファイルを開いてみてください。

Application.EnableEvents = False

これを実行しておけばworkbook_openのイベント検知が無効化され、エラーハンドリングも動きません。
きっと。

お役に立てたら幸いです。

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存