※記事の改善を目的に簡単なアンケートを記事の最下段に設置しています※
※わかりやすい、わかりにくい、両方の貴重なご意見を頂き、日々改善しております。※
※ご協力よろしくお願いいたします&ありがとうございます!※

三角比の関数の最大値と最小値の問題の解法

三角比によって与えられた関数の最大値と最小値を求める問題です。

基本問題

0^{\circ}\leq {\theta}\leq 180^{\circ}のときy=\sin^2{\theta}+\cos{\theta}の最大値と最小値を求めなさい。

解き方

まずは\sin{\theta},\cos{\theta}が混じっていると計算が進みませんのでいずれかに消えていただきましょう
すると片方の三角比のみの二次関数の形になります。
t=\sin{\theta}等で置き換えると二次関数の問題としてみることができます

解説

0^{\circ}\leq {\theta}\leq 180^{\circ}のときy=\sin^2{\theta}+\cos{\theta}の最大値と最小値を求めなさい。
\sin{\theta},\cos{\theta}が混じっていて計算が進みませんね。
いずれかに消えていただきましょう。
邪魔なものに消えて頂くのは数学の解法の王道です。

いずれかに消えて頂く際に有効な武器は、
\sin^2{\theta}+\cos^2{\theta}=1
でしたね。

y=\sin^2{\theta}+\cos{\theta}
y=(1-\cos^2{\theta})+\cos{\theta}
y=-\cos^2{\theta}+\cos{\theta}+1

\cos{\theta}が決まるとyが決まりますよね。
\cos{\theta}-1\leq \cos{\theta}\leq 1で変化します。
\cos{\theta}の最大次数は2ですから、\cos{\theta}の二次関数の形というわけです。
何度も\cos{\theta}と書くのも大変ですし、少しわかりにくいですからt=\cos{\theta}として変形してみましょう
ちなみに考え方は変わりませんので、別に変形しなくても解くことはできますよ。
このとき、定義域を\thetaからtで考えなおすことに注意してください

0^{\circ}\leq {\theta}\leq 180^{\circ}のとき-1\leq \cos{\theta}\leq 1
t=\cos{\theta}とすると-1 \leq t \leq 1が変域になります。
y=-\cos^2{\theta}+\cos{\theta}+1
y=-t^2+t+1
二次関数の最大値と最小値は平方完成したほうがわかりやすいですね。
どうやるんだっけ?というときは二次関数の最大値と最小値の解法もご参照ください。
y=-t^2+t+1
y=-\left(t^2-t\right)+1
\displaystyle y=-\left(t^2-t+\frac{1}{4}-\frac{1}{4}\right)+1
\displaystyle y=-\left(t^2-t+\frac{1}{4}\right)+\frac{1}{4}+1
\displaystyle y=-\left(t-\frac{1}{2}\right)^2+\frac{5}{4}

t^2の係数が負なので上に凸で、\displaystyle t=\frac{1}{2}が軸ですね。
また、軸が定義域に含まれています。
\displaystyle t=\frac{1}{2}のとき最大値を取り、最大値は\displaystyle \frac{5}{4}
\displaystyle t=-1のとき最小値を取り、最小値は-1
となります。

ここで忘れてはならないことがあります。
問題はもともと\thetaでした。
出題者は\thetaがいくつのとき最大最小になるか知りたいのです
\thetaを使って解答を書きましょう。

\displaystyle t=\frac{1}{2}\displaystyle \cos{\theta}=\frac{1}{2}という事なので、\theta=60^{\circ}
\displaystyle t=-1\displaystyle \cos{\theta}=-1という事なので、\theta=180^{\circ}

\theta=60^{\circ}のとき最大値を取り、最大値は\displaystyle \frac{5}{4}
\theta=180^{\circ}のとき最小値を取り、最小値は-1

仮にt=\sin{\theta}と置いた方が都合の良い問題の場合、\displaystyle t=\frac{1}{2}\displaystyle \sin{\theta}=\frac{1}{2}という事ですが、\theta=30^{\circ},150^{\circ}2つある可能性を忘れないでくださいね。

終わりに

解答までの1つ1つは基本問題です。
三角方程式、二次関数の最大値と最小値に関する演習が十分で無いと難しいかもしれません。

関連

二次関数の最大値と最小値の解法
三角方程式の解法
三角不等式の解法

0

アンケートのご協力をお願いいたします

最後までお読みいただきありがとうございました。 よろしければ記事改善のためのアンケートにご協力頂けましたら幸いです。 頂いた内容をもとに近日中に記事を改善させていただきます。 ご質問は数学の問題に関する質問から頂けますとお返事させて頂きます。

記事を作成するうえでの参考にご意見いただければ幸いです。

疑問は解消されましたか?
 された されなかった

このページの記事の内容はわかりやすかったですか?
 わかりやすい わかりにくい

よろしければわかりにくい場合の理由を教えてください。
 細かすぎる、当たり前なところまで書きすぎ 粗すぎる、行間の不足、論理の飛躍 前提となる知識の記載が無い 言葉の意味が分からない 答えに至る過程の何故そう考えたかの記載が無い 難しすぎてわからない 簡単すぎる 求めていた例題と異なる

ご要望やご意見、もしくは困っている事等(任意)


内容に問題が無ければこちらにチェックをつけて送信ボタンをクリックしてください。

数学解法の目次ページ

数学のコンテンツで数学の演習問題の解法を解説しています。 高校の範囲に限定した目次を作成しました。
高校数学の解法(目次)
数学のコンテンツで数学の演習問題の解法を解説しています。 中学校の範囲に限定した目次を作成しました。
中学数学の解法(目次)
数学, 解法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存