※記事の改善を目的に簡単なアンケートを記事の最下段に設置しています※
※わかりやすい、わかりにくい、両方の貴重なご意見を頂き、日々改善しております。※
※ご協力よろしくお願いいたします&ありがとうございます!※

三角不等式の問題の解法

三角比に与えられた条件から、角\thetaの範囲を求めるタイプの問題です。
ちなみに図をご用意できていませんが、必ず図を描きながらイメージしてください。

基本問題

0^{\circ} \leqq \theta \leqq 180^{\circ}のとき、次の不等式を満たす\thetaを求めなさい。
(1)\displaystyle \sin{\theta} \leq \frac{\sqrt{3}}{2}
(2)\displaystyle \frac{1}{2} \leq \sin{\theta} \leq \frac{1}{\sqrt{2}}
(3)\displaystyle \tan{\theta} < \frac{1}{\sqrt{3}}

解き方

まず等式と思って\thetaを求めます。
等式で区間を区切りましょう。
区切った区間の中で\thetaが不等式を満たすか確認しましょう。

解説

(1)\displaystyle \sin{\theta} \leq \frac{\sqrt{3}}{2}
まずは等式と思って解きましょう。
もし等式の部分の解き方がわからない場合、三角方程式の解法をご参照ください。

等式を満たす\theta60^{\circ},120^{\circ}ですね。
ではこの\thetaで与えられている区間を区切ります。
0^{\circ} \leqq \theta \leqq 180^{\circ}
0^{\circ} \leqq \theta < 60^{\circ},60^{\circ} < \theta < 120^{\circ},120^{\circ} < \theta \leqq 180^{\circ}
ここで60^{\circ},120^{\circ}を区間から除いていますが、等号を満たしているので、忘れずに解に含めるようにしてくださいね。

\sin{\theta}\thetaの変化に対し少しずつ値が変化していきます。
60^{\circ},120^{\circ}\displaystyle \frac{\sqrt{3}}{2}を「跨ぐ」わけですが、それ以外では跨がないわけですから、大きくなっているか小さくなっているかのいずれかですね。
つまり今作った3つの区間は\displaystyle \sin{\theta} \leq \frac{\sqrt{3}}{2}\displaystyle \sin{\theta} \geq \frac{\sqrt{3}}{2}のいずれかになっています。
どの区間が条件に適合するか調べます。

この区間の中から「代表値」を選びましょう。
代表値を使って確認をするので、三角比がわかる0^{\circ},30^{\circ},45^{\circ},60^{\circ},90^{\circ},120^{\circ},135^{\circ},150^{\circ},180^{\circ}から選びます。
※選べない場合は(2)で解説します。
0^{\circ} \leqq \theta < 60^{\circ}0^{\circ}60^{\circ} < \theta < 120^{\circ}90^{\circ}120^{\circ} < \theta \leqq 180^{\circ}180^{\circ}、にしましょうか。
できるだけわかりやすい値を使った方が間違いにくくなります
それぞれの代表値に対応する\displaystyle \sin{\theta}の値は、
\displaystyle \sin{0^{\circ}}=0 < \frac{\sqrt{3}}{2}なので0^{\circ}を含む0^{\circ} \leqq \theta < 60^{\circ}は問題の解答に相応しい区間です。
\displaystyle \sin{90^{\circ}}=1 > \frac{\sqrt{3}}{2}なので90^{\circ}を含む60^{\circ} \leqq \theta < 120^{\circ}は問題の解答に相応しくない区間です。
\displaystyle \sin{180^{\circ}}=0 < \frac{\sqrt{3}}{2}なので180^{\circ}を含む120^{\circ} \leqq \theta < 180^{\circ}は問題の解答に相応しい区間です。
という事で
0^{\circ} \leqq \theta \leq 60^{\circ},120^{\circ} \leq \theta \leqq 180^{\circ}
が答えになります。

(2)\displaystyle \frac{1}{2} \leq \sin{\theta} \leq \frac{1}{\sqrt{2}}
まずは等式と思って解きましょう。
等式を満たす\theta30^{\circ},45^{\circ},135^{\circ},150^{\circ}ですね。

ではこの\thetaで与えられている区間を区切ります。
0^{\circ} \leqq \theta \leqq 180^{\circ}
0^{\circ} \leqq \theta < 30^{\circ},30^{\circ} < \theta < 45^{\circ},45^{\circ} < \theta < 135^{\circ},135^{\circ} < \theta < 150^{\circ},150^{\circ} < \theta \leqq 180^{\circ}

さて、代表値を選んでいきたいのですが、選べない区間がありますね。
0^{\circ} \leqq \theta < 30^{\circ}0^{\circ}30^{\circ} < \theta < 45^{\circ}は選べない、45^{\circ} < \theta < 135^{\circ}90^{\circ}135^{\circ} < \theta < 150^{\circ}は選べない、150^{\circ} < \theta \leqq 180^{\circ}180^{\circ}、にしましょうか。

さて、選べない区間を見てみましょう。
例えば30^{\circ} < \theta < 45^{\circ}ですね。
この区間で\sin{\theta}\sin{30^{\circ}}から\sin{45^{\circ}}に変化していきます
つまりこの間の値をとりますね?
\displaystyle \sin{30^{\circ}}=\frac{1}{2},\sin{45^{\circ}}=\frac{1}{\sqrt{2}}です。
\displaystyle \frac{1}{2} < \sin{\theta} < \frac{1}{\sqrt{2}}です。
これは問題の条件に当てはまりますので、この区間は解答に含める区間です。

もう1つも同じように考えていきましょう。
135^{\circ} < \theta < 150^{\circ}ですね。
この区間で\sin{\theta}\sin{135^{\circ}}から\sin{150^{\circ}}に変化していきます
この間の値をとります。
\displaystyle \sin{135^{\circ}}=\frac{1}{\sqrt{2}},\sin{150^{\circ}}=\frac{1}{2}です。
\displaystyle \frac{1}{2} < \sin{\theta} < \frac{1}{\sqrt{2}}です。
やはりこれも問題の条件に当てはまりますので、この区間は解答に含める区間です。

残りの区間を見ていきましょう。
0^{\circ} \leqq \theta < 30^{\circ}のときは\sin{0^{\circ}}=0より相応しくありませんね。45^{\circ} < \theta < 135^{\circ}のときは\sin{90^{\circ}}=1より相応しくありません。150^{\circ} < \theta \leqq 180^{\circ}のときは\sin{180^{\circ}}=0でやはり相応しくありません。
従って答えは、30^{\circ} \leq \theta \leq 45^{\circ},135^{\circ} \leq \theta \leq 150^{\circ}になります。

(3)\displaystyle \tan{\theta} < \frac{1}{\sqrt{3}}
\tanのときは気を付けなければならない点があります。
それは、\theta < 90^{\circ}\theta > 90^{\circ}で一度途切れているという点です。

まずは等式を満たす\thetaを求めましょう。
\theta=30^{\circ}ですね。

次に区間を区切ります。
このとき\theta=90^{\circ}でも区切るようにしてください
0^{\circ} \leqq \theta \leqq 180^{\circ}
0^{\circ} \leqq \theta < 30^{\circ},30^{\circ} < \theta < 90^{\circ},90^{\circ} < \theta \leq 180^{\circ}

0^{\circ} \leqq \theta < 30^{\circ}0^{\circ}30^{\circ} < \theta < 90^{\circ}60^{\circ}90^{\circ} < \theta \leq 180^{\circ}180^{\circ}にしましょうか。

0^{\circ} \leqq \theta < 30^{\circ}のときは\tan{0^{\circ}}=0は問題の解答に相応しい区間です。
30^{\circ} < \theta < 90^{\circ}のときは\tan{60^{\circ}}=\sqrt{3}より相応しくありませんね。
90^{\circ} < \theta \leq 180^{\circ}のときは\tan{180^{\circ}}=0は問題の解答に相応しい区間です。
よって、0^{\circ} \leqq \theta < 30^{\circ},90^{\circ} < \theta \leq 180^{\circ}
30^{\circ} ,90^{\circ} が範囲に含まれるかどうかは忘れずに確認してください。

応用問題(混じった三角比)

0^{\circ} \leqq \theta \leqq 180^{\circ}のとき、次の等式を満たす\thetaを求めなさい。
\displaystyle 2\cos^2{\theta} +3\sin{\theta} \leq 3

解き方

三角方程式の解法でも解説しておりますが、いずれかに消えていただきましたね。
邪魔なものに消えて頂くのは数学の解法の王道です。

解説

\displaystyle 2\cos^2{\theta} +3\sin{\theta} \leq 3
三角関係の相互関係を使いましょう。
\cos^2{\theta}+\sin^2{\theta}=1ですね。
\cos^2{\theta}=1-\sin^2{\theta}で置換します。

2\cos^2{\theta} +3\sin{\theta}\leq 3
2(1-\sin^2{\theta}) +3\sin{\theta}\leq 3
2-2\sin^2{\theta} +3\sin{\theta}\leq 3
-2\sin^2{\theta} +3\sin{\theta}-1\leq 0
2\sin^2{\theta} -3\sin{\theta}+1\geq 0
(2\sin{\theta}-1)(\sin{\theta}-1)\geq 0

方程式の場合は2\sin{\theta}-1=0,\sin{\theta}-1=0として解きました。
\theta=30^{\circ},90^{\circ},150^{\circ}となります。
区間を区切って値を代入していくことでも答えが導けそうですね。
しかし、次の二次不等式を使った解き方が一般的です。

二次不等式としてみる

2\sin^2{\theta} -3\sin{\theta}+1\geq 0t=sin{\theta}で置換してみましょう。
2t^2 -3t+1\geq 0
二次不等式の問題になりました。
(2t-1)(t-1)\geq 0
ですから下に凸のグラフが\displaystyle t=1,\frac{1}{2}で二次方程式の解になっています。
これが0以上となるのは、解の外側でしたね。
\displaystyle t\leq \frac{1}{2},t \geq 1となります。

t=sin{\theta}でしたので、\displaystyle sin{\theta} \leq \frac{1}{2},sin{\theta} \geq 1となります。
これを解くと、0 \leq \theta\leq 30^{\circ},\theta= 90^{\circ},150^{\circ} \leq \theta \leq 180となります。

応用問題(角がずれている)

0^{\circ} \leqq \theta \leqq 180^{\circ}のとき、次の等式を満たす\thetaを求めなさい。
\displaystyle \sin{(\theta+45^{\circ})}\geq \frac{1}{2}
※数学Ⅱで角を一般角として拡張する必要があり、数学Ⅰでは出てこないと思います。
※本当は\piを使いたいんです。

解き方

これも三角方程式の解法で方程式の形で解説しています。
同じように進めていきます。
\thetaがずれているとこれもややこしくなりますので、邪魔なずれに消えていただきましょう
この場合は\theta' = \theta + 45^{\circ}等として置換して考える方法が良いと思います。

解説

\displaystyle \sin{(\theta+45^{\circ})}\geq \frac{1}{2}
\theta'=\theta+45^{\circ}として置換します。
条件となる0^{\circ} \leqq \theta \leqq 180^{\circ}もずれることに注意しましょう。
0^{\circ} \leqq \theta \leqq 180^{\circ}
0^{\circ}+45^{\circ} \leqq \theta +45^{\circ} \leqq 180^{\circ}+45^{\circ}
45^{\circ} \leqq \theta' \leqq 225^{\circ}

三角不等式の方も置換して等号を満たす\theta'を求めます。
\displaystyle \sin{(\theta+45^{\circ})}\geq \frac{1}{2}
\displaystyle \sin{\theta'}\geq \frac{1}{2}
等号を満たす\theta'
\displaystyle \theta'= 30^{\circ} \pm 360^{\circ}\times n,150^{\circ} \pm 360^{\circ}\times n(nは整数)です。

条件となる範囲に当てはまる解は、\displaystyle \theta'=150^{\circ}となり、1つだけです。
この値で区間を区切ります。
45^{\circ} \leqq \theta' \leqq 225^{\circ}
45^{\circ} \leqq \theta' < 150^{\circ},150^{\circ} < \theta' \leqq 225^{\circ}
代表値を決めて確認していきます。
45^{\circ} \leqq \theta' < 150^{\circ}\theta'=90^{\circ}\displaystyle \sin{90^{\circ}}=1となり相応しいですね。
150^{\circ} < \theta' \leqq 225^{\circ}\theta'=180^{\circ}\displaystyle \sin{180^{\circ}}=0となり相応しくありません。

従って45^{\circ} \leq \theta' \leq 150^{\circ}となります。
置換を元に戻して答えましょう。
\displaystyle 45^{\circ} \leq \theta+45^{\circ} \leq 150^{\circ}
\displaystyle 0^{\circ} \leq \theta \leq 105^{\circ}

終わりに

方程式が解けなければ不等式を解くことはできません。
もし不等式に出てくる値が違っている場合は、三角方程式の解き方を再確認してみてください。

関連

三角方程式の解法
三角比の関数の最大値と最小値

アンケートのご協力をお願いいたします

最後までお読みいただきありがとうございました。 よろしければ記事改善のためのアンケートにご協力頂けましたら幸いです。 頂いた内容をもとに近日中に記事を改善させていただきます。

記事を作成するうえでの参考にご意見いただければ幸いです。

疑問は解消されましたか?
 された されなかった

このページの記事の内容はわかりやすかったですか?
 わかりやすい わかりにくい

よろしければわかりにくい場合の理由を教えてください。
 細かすぎる、当たり前なところまで書きすぎ 粗すぎる、行間の不足、論理の飛躍 前提となる知識の記載が無い 言葉の意味が分からない 答えに至る過程の何故そう考えたかの記載が無い 難しすぎてわからない 簡単すぎる 求めていた例題と異なる

ご要望やご意見、もしくは困っている事等(任意)


内容に問題が無ければこちらにチェックをつけて送信ボタンをクリックしてください。

数学解法の目次ページ

数学のコンテンツで数学の演習問題の解法を解説しています。 高校の範囲に限定した目次を作成しました。
高校数学の解法(目次)
数学のコンテンツで数学の演習問題の解法を解説しています。 中学校の範囲に限定した目次を作成しました。
中学数学の解法(目次)
数学, 解法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存