※記事の改善を目的に簡単なアンケートを記事の最下段に設置しています※
※わかりやすい、わかりにくい、両方の貴重なご意見を頂き、日々改善しております。※
※ご協力よろしくお願いいたします&ありがとうございます!※

平方根の四則演算の問題の解法

平方根が入った数の四則演算の答えを求める問題です。

基本問題

(1)\sqrt{24}+\sqrt{2}\times\sqrt{27}
\displaystyle (2)\frac{\sqrt{6}}{\sqrt{3}+\sqrt{2}}
\displaystyle (3)\frac{1}{\sqrt{2}-1}+\frac{\sqrt{2}}{2-\sqrt{2}}

解き方

計算問題なのでルールに従って計算します。

解説

平方根の計算の基本は、以下の4点を抑えておきましょう。

  1. 素因数分解してルートの外に出す\sqrt{a^2}=aという性質を使う
  2. 積を分解できる\sqrt{ab}=\sqrt{a}\sqrt{b}という性質を使う
  3. ルートの中が同じ場合は文字のように扱うことができるa\sqrt{b}+c\sqrt{b}=(a+c)\sqrt{b}という性質を使う
  4. 有理化する

(1)\sqrt{24}+\sqrt{2}\times\sqrt{27}
まず1.と2.の性質で素因数分解してルートの外に出せるものは出しましょう。
\sqrt{2^3 \times 3}+\sqrt{2}\times\sqrt{3^3}
2\sqrt{2 \times 3}+3\sqrt{2}\times\sqrt{3}
2乗を外に出すことなので6は素因数分解せず残しておいても良いですね。
次に3.の性質を使います。
(2+3)\sqrt{6}=5\sqrt{6}
答えです。

\displaystyle (2)\frac{\sqrt{6}}{\sqrt{3}+\sqrt{2}}
分母にルートがあり、計算の邪魔をしています。
邪魔なものには消えていただきましょう。
邪魔なものに消えて頂くのは数学の解法の王道です。

どうするかというと、\sqrt{3}+\sqrt{2}に掛けて整数になる\sqrt{3}-\sqrt{2}を分母分子に掛けます
(a-b)(a+b)=a^2-b^2の性質を使うわけですね。
このようにして分母のルートを無くすことを有理化と言いました。

1.の性質も使いながら4.の有理化をします。
\displaystyle \frac{\sqrt{6}}{\sqrt{3}+\sqrt{2}}
\displaystyle \frac{\sqrt{6}}{\sqrt{3}+\sqrt{2}}\frac{\sqrt{3}-\sqrt{2}}{\sqrt{3}-\sqrt{2}}
\displaystyle \frac{\sqrt{6}(\sqrt{3}-\sqrt{2})}{(\sqrt{3}+\sqrt{2})(\sqrt{3}-\sqrt{2})}
\displaystyle \frac{\sqrt{2\times 3^2}-\sqrt{2^2 \times 3}}{3-2}
\displaystyle 3\sqrt{2}-2\sqrt{3}
これ以上計算できませんので、これが答えです。

\displaystyle (3)\frac{1}{\sqrt{2}-1}+\frac{\sqrt{2}}{2-\sqrt{2}}
正しい計算ルールであればどのように計算しても良いです。
有理化してから計算しても良いですし、計算した後で有理化しても良いです。

今回は計算した後で有理化してみましょう。
という事でまず通分する形で計算を進めていきます。
\displaystyle \frac{1}{\sqrt{2}-1}+\frac{\sqrt{2}}{2-\sqrt{2}}
\displaystyle \frac{1}{\sqrt{2}-1}\frac{2-\sqrt{2}}{2-\sqrt{2}}+\frac{\sqrt{2}}{2-\sqrt{2}}\frac{\sqrt{2}-1}{\sqrt{2}-1}
\displaystyle \frac{(2-\sqrt{2})+\sqrt{2}(\sqrt{2}-1)}{(\sqrt{2}-1)(2-\sqrt{2})}
\displaystyle \frac{2-\sqrt{2}+2-\sqrt{2}}{2\sqrt{2}-2-2+\sqrt{2}}
\displaystyle \frac{4-2\sqrt{2}}{3\sqrt{2}-4}
次に有理化をします。
\displaystyle \frac{4-2\sqrt{2}}{3\sqrt{2}-4}
\displaystyle \frac{(4-2\sqrt{2})(3\sqrt{2}+4)}{(3\sqrt{2}-4)(3\sqrt{2}+4)}
\displaystyle \frac{12\sqrt{2}+16-12-8\sqrt{2}}{18-16}
\displaystyle \frac{4\sqrt{2}+4}{2}
分数の約分も忘れないでください。
2\sqrt{2}+2
これが答えになります。

終わりに

平方根の四則演算は大体高校入試問題の最初の計算問題で出題されます。
二次方程式の解の公式や、三平方の定理でもルートが出てきますので、それらの計算で使う事になります。
計算のルールに沿って計算を進めるわけですが「平方数をルートの外に出すこと」と「分数になった時の約分」が忘れられがちです。
減点の対象ですから答が出ても安心せず、答を簡単な形に直せないか見直しをしましょう。

関連

平方根の整数部分と小数部分の解法
平方根が整数になる解法

0

アンケートのご協力をお願いいたします

最後までお読みいただきありがとうございました。 よろしければ記事改善のためのアンケートにご協力頂けましたら幸いです。 頂いた内容をもとに近日中に記事を改善させていただきます。 ご質問は数学の問題に関する質問から頂けますとお返事させて頂きます。

記事を作成するうえでの参考にご意見いただければ幸いです。

疑問は解消されましたか?
 された されなかった

このページの記事の内容はわかりやすかったですか?
 わかりやすい わかりにくい

よろしければわかりにくい場合の理由を教えてください。
 細かすぎる、当たり前なところまで書きすぎ 粗すぎる、行間の不足、論理の飛躍 前提となる知識の記載が無い 言葉の意味が分からない 答えに至る過程の何故そう考えたかの記載が無い 難しすぎてわからない 簡単すぎる 求めていた例題と異なる

ご要望やご意見、もしくは困っている事等(任意)


内容に問題が無ければこちらにチェックをつけて送信ボタンをクリックしてください。

数学解法の目次ページ

数学のコンテンツで数学の演習問題の解法を解説しています。 高校の範囲に限定した目次を作成しました。
高校数学の解法(目次)
数学のコンテンツで数学の演習問題の解法を解説しています。 中学校の範囲に限定した目次を作成しました。
中学数学の解法(目次)
数学, 解法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存