普段の勉強、どうしてる?

ある生徒様が答え合わせの後、しばらく解説とにらめっこしていました。
私は「答え合わせからが勉強」と言っているのですが、実践してくれているのを見て頼もしく感じました。
その理由について、記事に起こしておきたいと思います。

勉強する目的は何か

単純かつ直接的に、勉強したことによって何を得るかというと「知識」です。
加えて「考える力」でしょう。
ではどのような勉強をする必要があるのか。
私は勉強には二種類あると説明しています。
一つは知識を覚えたり理解したりする作業です。
これをインプット型の勉強と呼んでいます。
もう一つはそれが出来ているのか確認する作業です。
これをアウトプット型の勉強と呼んでいます。

インプット型の勉強

こちらは単純であり、本質であり、地道な努力の必要な勉強です。
ポイントが二点あります。
「日本語を正しく読んで覚える事」と「覚えることは難しいものだと理解する事」です。

前者はあまり付け加えることはありません。
読む能力が低下していると言われています。
皆さまが思うほど正しく文章は理解されていません。
焦ったり、早く終わそうとして読み飛ばしていては、いつまでたっても正しく覚えることはできないでしょう。

後者についても皆様が思うよりも覚えることは難しいものだと理解してください。
一方で短期的に短いものを覚えることは容易いのです。
しかし基本的に覚えたものは直ぐに忘れるように出来ています。
繰り返し繰り返し覚えようとして、ようやく覚えることができます。

私は訓練する事で覚えやすい体質に変えることもできると感覚的に理解しています。
そういう努力を積み重ねた人はあまり時間をかけずに覚えることができるかもしれません。
でもそういう努力をしていなければそういう能力はありませんから、がんばって何度も何度も繰り返し取り組んで、覚えてください。

アウトプット型の勉強

こちらは大きく勘違いされていることがありますので注意が必要です。
「宿題で問題集の範囲が指定され、それをやって答え合わせで○と×をつけて終わり」
なんていう勉強をしていたら、ほとんど勉強になってません。
×だった問題に対し、何故×なのか、正しい答えは何故解答の答えなのかを確認しましょう。
そして、どうやれば次に正解できるのかまで考えてください。
これがアウトプットの勉強です。
つまり、アウトプットの勉強の後は基本的にインプットの勉強がセットになっています。
本当は○のときも、何故○だったのか確認できると良いんですけどね。

この「どうやれば次に正解できるのか」までの勉強をやっていなければ、ただの時間の無駄ですからやらないのと大差ありません。
時間を無駄にしている分、人生にとって悪影響であると言っても良いかもしれません。
だからってやらなくて言い訳はなく、本来の姿で勉強してくださいという意味ですので誤解しないでくださいね。

「解いて丸付け」まではその後の勉強のための「準備作業」だと認識してほしいと思います。

バランス

基本的に「学校で教えてもらっている内容が理解できている」と感じれば、演習問題をとくアウトプットの勉強をしましょう。
逆に「学校で教えてもらっている内容が理解できていない」と感じれば、教科書を読んだりノートを見返したりしてインプットの勉強をしましょう。
覚えてないものをアウトプットしても、何も出てこず、悲しくなり、勉強が嫌いになるだけです。
もしかすると「ナルシスト勉強法」が参考になるかもしれません。

一方、何から手を付けていいかわからないようなとき、アウトプットの勉強をし、インプットすべき場所を見つけるのは「あり」です。
定期試験とか実力テストとかもその一部だったりする訳なんですけどね。
テスト返しの後にアウトプットの続きをしないと勿体ないって思って頂けたら、きっとここまでの内容を理解してくれていると思います。

答え合わせからが勉強

というわけで、アウトプットの勉強は答え合わせからが勉強なんです。
そして演習問題を解くタイプの宿題は基本的にアウトプットの勉強です。
試験もアウトプットの勉強ですので、試験が返されたらアウトプットの勉強の続きをやって、次解けるようになってください。

模範解答とにらめっこ

ここまでのお話で、答え合わせの後の勉強をしっかりやっている事で既に一歩先を行く勉強ができています。
そしてさらに感心したことがあります。
それは模範解答を見て、すぐにわからなかったようなのですが、自分であれこれ考えていたことです。
※コーチングで傾聴力を高めているので、そういう生徒様の勉強の様子が伝わってきます。
敢えて聞いてみると「自分で解決したいんだ」との事です。
これって中々できるものでは無いんですよね。
でもそこで考えることができるから、考える力も育っているんだと思います。
わからなければ私に聞くことができるという安心の環境があるから出来ていることかもしれません。

仕事もそう

仕事もそうなんですよね。
アウトプットしたら、そのフィードバック(振り返り)をする。
当たり前の事なんだけど、中々難しいんですよね。

終わりに

普段の勉強の際に、今やっている勉強はインプットなのかアウトプットなのかを意識してもらいたいと思います。
意識することで、「解いて丸付け」が「準備作業」だと認識でき、そこから先の勉強に取り組めるのだと思います。
私のアドバイスを聞いてくれる子は必ず目標達成してくれているので、これから先も楽しみです。

1+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村