歯医者さんからサービスについて学ぶ

笹生歯科医院さんに通院しているのですが、とてもいい歯医者さんです。
ちなみに私は今までの人生でかなり歯医者さんにお世話になっていますが、抜群のサービスです。
治療して頂きながら、サービスとは何なのか学ばせていただいております。
どのようにしてこのようなサービスが提供できているのか、とても興味があります。
これからもお世話になると思いますがよろしくお願いいたします。

提供いただいたサービス

治療と予防

私はもともと詰め物が取れてしまったのをきっかけに通院しております。
虫歯の治療や口腔ケア等が歯医者さんのサービスになるでしょう。
起こっている問題の除去・改善の治療的な処置と、予防的な処置の2種類になるんだと思います。

しっかりと詰め物を詰めていただき、口腔ケアもしていただきスッキリ満足しています。

接客

差が付くのはここからだと思います。
毎回笑顔で出迎えてくださり、とても丁寧に案内してくださいます。

ちなみに、特別変わった何かをしてくれるというようなおもてなしではありません。
特別な行動的なものではありませんから、たぶん心が現れているだけだと思っています。
(実は「心が洗われて」と誤変換してしまっていたんですが、あながち誤変換でもなかった)
暖かい気持ちになりますね。

どうしたらこのようなおもてなしの気持ちをスタッフ全員が持てるのか。
とても興味があります。

メンター

なんと表現していいかわかりません。
「こんないいサービスができるよう、自分も頑張るぞ!」
って思わせてもらえるサービスです。
メンターのような存在です。

何故このようなサービスが提供できるのか

聞いたわけではないので「こうしているからできているよ」はわかりませんが、その難しさを確認しましょう。

感じ方は人それぞれ

どんなに笑顔で接客していても伝わるのかどうかは別ですよね。
ましてやそこから自分を奮い立たせようなんて人、そうそういないかもしれません。
私がそのようなことにアンテナがビンビンなので感じているだけかもしれません。

全員をおもてなしているはず

「サービス以上のサービスを感じる」特異な人以外にも、もれなく笑顔で接客をされていると思います。
ちょっと嫌なことがあった後などでイライラしている人もいるかもしれません。
ときには理不尽にきついことを言われてしまうかもしれません。

それでも継続して笑顔でいるから、私も笑顔で接客してもらえたわけです。
しかもスタッフの皆さんが全員続けてらっしゃるんです。
組織を指導する立場の経験があるとわかると思いますが、すごくないですか?

接客で差が付く

基本はやっぱり心なんだと思います。

美容室の肩もみ

何故か肩もみをしてくれるのかよくわかりませんが、肩もみしてくださりますよね?
でもそれに接客としての感動を感じたことは、私はありません。
「やることだからやっている」感じがしてしまいます。

以前お世話になっていた床屋さんは違う形であるサービスをしてくださりました。
「お客さんのこと考えているんだなー」って思いましたね。

ちょっとしたミスがかえって好印象

何かミスしてしまったときに差が出ますよね。
人間の感覚は鋭く、本当に悪いことをしてしまったなと感じているかどうかがわかります。
そういう気持ちが伝わると、かえって好印象です。

説明がタドタドしくても、一生懸命説明してくれているなってこともわかります。
これもやっぱりかえって好印象です。

人によるかもしれないですけどね。

一番の美味は「人の心」

グッチ裕三さんが
「塩をふるときに「おいしくなーれー」って言いながらふると、本当においしくなる」
的なことを料理番組で言ってました。
おいしくしたいと思う気持ちが大切なんだと思います。
「誰かが「自分の事を考えて」何かをしてくれる」というその心が大切なんだと思います。

終わりに

わかっていてもなかなか難しいですよね。
頑張らないと!

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村