カスタム投稿タイプのパブリサイズ共有

WordPressで書いた記事をfacebookやtwitterでも投稿したい!
というときに、パブリサイズ共有という機能が便利です。
この機能を使わない場合、記事のURLを投稿することになりますが、機能を使うと自動で投稿することができるようになります。
プラグインのJetpackでこの機能が提供されています。

パブリサイズ共有がうまく機能しない

さてこの機能、導入したものの投稿を自動でfacebook等に投稿することができていませんでした。
私が調べたところによりますと、対称が「投稿」による記事のみだったためのようです。
私はカスタム投稿タイプを作って運用していましたので、機能していませんでした。
※カスタム投稿タイプを使っている方はうまく機能しない原因にヒットしているかもしれません。

カスタム投稿タイプのパブリサイズ共有を有効化する

カスタム投稿タイプでもパブリサイズ共有をしたい場合、テーマの関数を編集する必要がありました。
add_post_type_support
という関数を使って、対称のカスタム投稿タイプにパブリサイズ共有の機能が使えるようになります。
具体的には以下の関数を追加しました。

function xxxxpublicize() {
add_post_type_support( ‘xxxx’, ‘publicize’ );
}
add_action( ‘init’, ‘xxxxpublicize’ );

ちなみに”xxxx”はカスタム投稿タイプの英数表記を入れています。
これで”xxxx”のカスタム投稿タイプにパブリサイズ共有の機能が付きます。
公開ボタンの上に「パブリサイズ共有:」が表示されるようになります。

カスタム投稿タイプは便利な部分もありますが、こういった面のカスタマイズする要素が増えてしまいますね。

補足

パブリサイズ共有していざ共有された記事、本文がべったりと書かれておりちょっと見にくい・・・。
投稿した記事の”_wpas_mess”という名前がパブリサイズ共有した際に使われるデータに当たるようですので、ここをカスタマイズする必要があるようですね。

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存