スポンサーリンク

因数分解の問題の解法

ホームページのリニューアルに伴い一部のページは新しいサイトにリダイレクトされます。

 

3次式の因数分解と、少し複雑な因数分解の問題です。

基本問題

次の式を因数分解しなさい。
(1)x^3-27y^3
(2)8x^3+12x^2y+6xy^2+y^3
(3)x^2-2y^2-xy-3y-1
(4)abc+ab+bc+ca+a+b+c+1

解き方

(1)(2)の3次式は次の因数分解の公式を使います。
a^3+b^3=(a+b)(a^2-ab+b^2)
a^3-b^3=(a-b)(a^2+ab+b^2)
a^3+3a^2b+3ab^2+b^3=(a+b)^3
a^3-3a^2b+3ab^2-b^3=(a-b)^3
(3)はxの降べきの順に並べることがポイントです。
(4)次数が3次が1項、2次が3項、1次が3項、0次が1項とあります。
(1次+0次)(1次+0次)(1次+0次)
の形を推測できると良いですね。

解説

(1)x^3-27y^3
公式を使って因数分解しましょう。
x^3-27y^3=x^3-(3y)^3=(x-(3y))(x^2+x(3y)+(3y)^2)=(x-3y)(x^2+3xy+9y^2)
答えです。

(2)8x^3+12x^2y+6xy^2+y^3
公式を使って因数分解しましょう。
8x^3+12x^2y+6xy^2+y^3=(2x)^3+3(2x)^2y+3(2x)y^2+y^3=((2x)+y)^3=(2x+y)^3
答えです。

(3)x^2-2y^2-xy-3y-1
xの降べきの順に並べます。
x^2-xy-2y^2-3y-1
yの二次式部分を因数分解しましょう。
x^2-xy-2y^2-3y-1=x^2-yx-(2y^2+3y+1)=x^2-yx-(2y+1)(y+1)

作る人は答えとなる式を展開して問題を作ります。
すると今因数分解したyの一次式(2y+1),(y+1)が答えとなる因数分解の式に現れるはずです
つまり、x^2-yx-(2y+1)(y+1)=(x-a(2y+1))(x-b(y+1))を満たすa,bを決めます。
xの係数がyになるよう、(2y+1),(y+1)の係数a,bが決まれば良いですね。

-a(2y+1)-b(y+1)=yから、y,1のそれぞれの係数に着目します。
-2ay-by=y,-a-b=0から、-2a-b=1,-a-b=0ab=-1を使ってもいいですね)という連立方程式を解けばa,bを求める事ができますね。
これを解くと、a=1,b=-1ですね。

問題に戻ります。
x^2-yx-(2y+1)(y+1)=(x-(2y+1))(x+(y+1))=(x-2y-1))(x+y+1)
答えです。

xの項が無かったのでxの係数はyでした。
xの項があればxの係数はy+5のような形になりますが、これは連立方程式の定数項の係数部分の式が変わってきますね。

(4)abc+ab+bc+ca+a+b+c+1
普通にやろうと思うとどこから手を付けて良いか悩ましいです。
正しい計算方法に従ってとにかく手を動し色々な式変形を行えば答えにたどり着きます

例えばaでくくれる部分をくくってみましょう。
abc+ab+bc+ca+a+b+c+1=a(bc+b+c+1)+(bc+b+c+1)
bc+b+c+1でくくれますね。
a(bc+b+c+1)+(bc+b+c+1)=(a+1)(bc+b+c+1)
2次の式が残っているのでbc+b+c+1がまだ因数分解できるかもしれませんね
またbでくくってみましょう。
(a+1)(bc+b+c+1)=(a+1)(b(c+1)+c+1)=(a+1)((b+1)(c+1))=(a+1)(b+1)(c+1)
答えです。

なお、解き方にも書きましたが、次数が3次が1項、2次が3項、1次が3項、0次が1項とあります。
(1次+0次)(1次+0次)(1次+0次)の形が推測されます
1次の式に入る候補はa,b,c、0次は1ですね。
これは他ならぬ(a+1)(b+1)(c+1)です。
次数に着目してみると答えがぱっと出ることもあります

終わりに

因数分解は方程式の解を求めることにもつながります。
そのため数学の問題を土台となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
スポンサーリンク