スポンサーリンク

微分の問題の解法

ホームページのリニューアルに伴い一部のページは新しいサイトにリダイレクトされます。

 

与えられた関数を微分する問題です。

基本問題

(1)y=x^2+2x+4を導関数の定義に従って微分しなさい。
(2)y=x^3-2x^2-x+3を微分しなさい。
(3)y=(2x+1)^3を微分しなさい。

解き方

(1)は導関数の定義を覚えていないと解けませんね。
\displaystyle f'(x)=\lim_{h \to 0} \frac{f(x+h)-f(x)}{h}
覚えにくければ
\displaystyle f'(x)=\lim_{h \to 0} \frac{f(x+h)-f(x)}{x+h-x}
x+h-xとして覚えても良いと思います。
変化の割合の式で「xの増加量をhとおいて、それを小さくするとどうなるか」という式です。
(2)(3)は微分の公式を使いましょう。
(3)は数Ⅲの知識があるとだいぶ楽できます。

解説

(1)y=x^2+2x+4を導関数の定義に従って微分しなさい。
定義を使って計算を進めます。
\displaystyle y'=\lim_{h \to 0} \frac{((x+h)^2+2(x+h)+4)-(x^2+2x+4)}{h}
展開していきます。
\displaystyle y'=\lim_{h \to 0} \frac{(x^2+2xh+h^2+2x+2h+4)-(x^2+2x+4)}{h}
\displaystyle y'=\lim_{h \to 0} \frac{x^2+2xh+h^2+2x+2h+4-x^2-2x-4}{h}
同類項をまとめます。
\displaystyle y'=\lim_{h \to 0} \frac{2xh+h^2+2h}{h}
分子の項がすべてhを共通因数としてもちますので、分母のhで約分します。
\displaystyle y'=\lim_{h \to 0} (2x+h+2)
h \to 0ですがh=0としてよい形になりましたね。
\displaystyle y'=2x+2

公式を使って導いたものと同じであることも確認しておきましょう。
y'=(x^2+2x+4)'=2x+2

(2)y=x^3-2x^2-x+3を微分しなさい。
公式で計算します。
y'=(x^3-2x^2-x+3)'=3x^2-4x-1

(3)y=(2x+1)^3を微分しなさい。
公式で計算します。
y'=((2x+1)^3)'=(8x^3+12x^2+6x+1)'=24x^2+24x+6

数Ⅲで習う、次の公式を使う事で楽に計算することができます。
\displaystyle \frac{dy}{dx}=\frac{dy}{du}\frac{du}{dx}

今回はu=2x+1とするとy=u^3ですね。
\displaystyle \frac{d((2x+1)^3)}{dx}=\frac{d((2x+1)^3)}{du}\frac{du}{dx}=\frac{d(u^3)}{du}\frac{d(2x+1)}{dx}
\displaystyle =(3u^2)(2)=6u^2
\displaystyle =6(2x+1)^2=6(4x^2+4x+1)=24x^2+24x+6

終わりに

特に微積分関連の数Ⅲの公式は、数Ⅱでも役に立つことがあります。
知っておいて損はないと思います。
見直しで正確さを増せますからね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
スポンサーリンク