※記事の改善を目的に簡単なアンケートを記事の最下段に設置しています※
※わかりやすい、わかりにくい、両方の貴重なご意見を頂き、日々改善しております。※
※ご協力よろしくお願いいたします&ありがとうございます!※

三角形の合同の問題の解法

三角形の合同の証明と合同の性質を使った問題です。

基本問題

(1)\triangle{ADF} \equiv\triangle{BEF}を証明しなさい。
三角形の合同_1
AD=BE
\angle{ADF}=\angle{BEF}

(2)\triangle{AEB} \equiv\triangle{CED}を証明しなさい。
三角形の合同_2
AB//DC
EはBDの中点

解き方

三角形の合同条件は3つありましたね。

  1. 3組の辺がそれぞれ等しい
  2. 2辺とその間の角がそれぞれ等しい
  3. 1辺とその両端の角がそれぞれ等しい

これらを満たすまで角や線の長さを埋めていきます。
また、具体的な値を求めなくても良く、「こことここは等しい」という印で十分です。

解説

(1)\triangle{ADF} \equiv\triangle{BEF}を証明しなさい。
問題より、\angle{ADF}=\angle{BEF}・・・①
対頂角が等しくなる性質を使います。
\angle{DFA}=\angle{EFB}・・・②

三角形の内角の和が180^{\circ}となる性質\triangle{ADF},\triangle{BEF}に使います。
\angle{ADF}+\angle{DFA}+\angle{FAD}=180^{\circ}・・・③
\angle{BEF}+\angle{EFB}+\angle{FBE}=180^{\circ}・・・④
①②を③に代入して
\angle{BEF}+\angle{EFB}+\angle{FAD}=180^{\circ}・・・⑤
④-⑤より
\angle{FBE}-\angle{FAD}=0
\angle{FBE}=\angle{FAD}・・・⑥

AD=BE・・・⑦
①⑥⑦より1辺とその両端の角がそれぞれ等しいので\triangle{ADF} \equiv\triangle{BEF}

なお、⑥の求め方は二つの内角の和は残る角の外角に等しい性質\triangle{CAE},\triangle{CBD}に使っても良いですね。
\angle{AEB}=\angle{CAE}+\angle{ACE}・・・⑧
\angle{BDA}=\angle{CBD}+\angle{BCD}・・・⑨
\angle{ACE}=\angle{BCD}と①を⑧に代入して
\angle{BDA}=\angle{CAE}+\angle{BCD}・・・⑩
⑨-⑩より
0=\angle{CBD}-\angle{CAE}
\angle{CBD}=\angle{CAE}
\angle{FBE}=\angle{FAD}

(2)\triangle{AEB} \equiv\triangle{CED}を証明しなさい。
問題よりAB//DCであるから平行線の錯角は等しい性質より、
\angle{DBA}=\angle{BDC}
\angle{EBA}=\angle{EDC}・・・①
問題よりEはBDの中点であるから、
BE=DE・・・②
対頂角が等しくなる性質を使います。
\angle{BEA}=\angle{DEC}・・・③
①②③より1辺とその両端の角がそれぞれ等しいので\triangle{AEB} \equiv\triangle{CED}

応用問題

CA=CBを証明しなさい。
三角形の合同_3
AD=BE
\angle{ADF}=\angle{BEF}

解き方

辺の長さの証明ですが、三角形の合同の結果を使います。

解説

CA=CBを証明しなさい。
基本問題の(1)より\triangle{ADF} \equiv\triangle{BEF}であるから3辺と3角はそれぞれ等しい
\angle{DAF}=\angle{EBF}・・・①
FA=FB・・・②

②より、\triangle{AFB}FA=FBの二等辺三角形になるから、
\angle{FBA}=\angle{FAB}・・・③
①③より、
\angle{CAB}=\angle{CAF}+\angle{FAB}=\angle{CBF}+\angle{FBA}=\angle{CBA}
となり\triangle{ACB}\angle{CAB}=\angle{CBA}の二等辺三角形になるから、
CA=CB

終わりに

三角形の合同の証明問題ですが、合同の条件を満たしていることが言えれば良いですね。
通常の証明問題より、示すべきものが決まっている分、証明は単純です。
証明問題は嫌われがちですが、本質的に今までの角度や長さを求める問題とあまり変わりません

日本語を使わずに数式だけ書くことに慣れてしまっていると難しいのかもしれません。
誰かが解答を見て「なるほどそうか」とわかってもらえるように書けばいいだけです。
読み手の思考が正しく構築されるように記述するというのは、コミュニケーション能力の問題なのかもしれません。

関連

平行線と角の問題の解法
三角形の角の問題の解法
多角形の角の問題の解法
平行と面積の問題の解法

0

アンケートのご協力をお願いいたします

最後までお読みいただきありがとうございました。 よろしければ記事改善のためのアンケートにご協力頂けましたら幸いです。 頂いた内容をもとに近日中に記事を改善させていただきます。 ご質問は数学の問題に関する質問から頂けますとお返事させて頂きます。

記事を作成するうえでの参考にご意見いただければ幸いです。

疑問は解消されましたか?
 された されなかった

このページの記事の内容はわかりやすかったですか?
 わかりやすい わかりにくい

よろしければわかりにくい場合の理由を教えてください。
 細かすぎる、当たり前なところまで書きすぎ 粗すぎる、行間の不足、論理の飛躍 前提となる知識の記載が無い 言葉の意味が分からない 答えに至る過程の何故そう考えたかの記載が無い 難しすぎてわからない 簡単すぎる 求めていた例題と異なる

ご要望やご意見、もしくは困っている事等(任意)


内容に問題が無ければこちらにチェックをつけて送信ボタンをクリックしてください。

数学解法の目次ページ

数学のコンテンツで数学の演習問題の解法を解説しています。 高校の範囲に限定した目次を作成しました。
高校数学の解法(目次)
数学のコンテンツで数学の演習問題の解法を解説しています。 中学校の範囲に限定した目次を作成しました。
中学数学の解法(目次)
数学, 解法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存