※記事の改善を目的に簡単なアンケートを記事の最下段に設置しています※
※わかりやすい、わかりにくい、両方の貴重なご意見を頂き、日々改善しております。※
※ご協力よろしくお願いいたします&ありがとうございます!※

三角形の角の問題の解法

三角形の内角の和と外角の和の性質を使った問題です

基本問題

(1)次の図の\angle{CBD}の値を求めなさい。
三角形の角_1
\angle{BAC}=60^{\circ}
\angle{BCA}=50^{\circ}

(2)次の図の\angle{CDA}の値を求めなさい。
三角形の角_2
\angle{BAE}=30^{\circ}
\angle{EBA}=70^{\circ}
\angle{ECD}=35^{\circ}

(3)次の図の\angle{ECF}の値を求めなさい。
三角形の角_3
\angle{ABE}=80^{\circ}
\angle{BAE}=40^{\circ}
\angle{DFE}=140^{\circ}

解き方

図形の性質を使ってわかる角や線の関係や値を埋めていきます。

解説

(1)次の図の\angle{CBD}の値を求めなさい。
二つの内角の和は残る角の外角に等しい性質を使います。
\angle{CBD}=\angle{BAC}+\angle{BCA}にそれぞれ代入します。
\angle{CBD}=60^{\circ}+50^{\circ}=110^{\circ}

(2)次の図の\angle{CDE}の値を求めなさい。
三角形の内角の和が180^{\circ}となる性質\triangle{BAE}に使います。
\angle{BAE}+\angle{EBA}+\angle{BEA}=180^{\circ}にそれぞれ代入します。
30^{\circ}+70^{\circ}+\angle{BEA}=180^{\circ}
100^{\circ}+\angle{BEA}=180^{\circ}
\angle{BEA}=80^{\circ}

対頂角が等しくなる性質を使います。
\angle{BEA}=\angle{CED}なので\angle{CED}=80^{\circ}

三角形の内角の和が180^{\circ}となる性質\triangle{CED}に使います。
\angle{CED}+\angle{ECD}+\angle{CDE}=180^{\circ}にそれぞれ代入します。
80^{\circ}+35^{\circ}+\angle{CDE}=180^{\circ}
115^{\circ}+\angle{CDE}=180^{\circ}
\angle{CDE}=65^{\circ}

(3)次の図の\angle{ECF}の値を求めなさい。
二つの内角の和は残る角の外角に等しい性質\triangle{BEA}に使います。
\angle{FEC}=\angle{BAE}+\angle{ABE}にそれぞれ代入します。
\angle{FEC}=40^{\circ}+80^{\circ}=120^{\circ}

合成した角が直線となるのは合成した角が180^{\circ}となる性質\triangle{DFE},\triangle{EFC}に使います。
\triangle{DFE}+\triangle{EFC}=180^{\circ}\angle{DFE}=140^{\circ}を代入します。
140^{\circ}+\triangle{EFC}=180^{\circ}
\angle{EFC}=40^{\circ}になります。

三角形の内角の和が180^{\circ}となる性質\triangle{CEF}に使います。
\angle{CEF}+\angle{EFC}+\angle{FEC}=180^{\circ}にそれぞれ代入します。
40^{\circ}+\angle{EFC}+120^{\circ}=180^{\circ}
160^{\circ}+\angle{EFC}=180^{\circ}
\angle{CDE}=20^{\circ}

応用問題

(1)次の図の\angle{CBA}の値を求めなさい。
三角形の角_4

\angle{BAD}=20^{\circ}
\angle{ADC}=40^{\circ}
\angle{DCB}=10^{\circ}

(2)次の図の\angle{ABD}の値を求めなさい。
三角形の角_6

\angle{BAD}=30^{\circ}
BA=BC
AD=AC

解き方

補助線をひくことで答えを求めやすくなることがあります。
二等辺三角形、正三角形のときは辺の長さから角の情報を得ることができます。
基本問題同様、図形の性質を使ってわかる角や線の関係や値を埋めていきます。

埋めることができなくなった場合、文字を使って方程式を使って解いていきます。

解説

(1)次の図の\angle{CBA}の値を求めなさい。
楔形のときは、補助線を引くと求めやすくなることがあります。
BDに補助線を引きましょう。

三角形の角_7

これで三角形ができます。

二つの内角の和は残る角の外角に等しい性質\triangle{BDC}に使います。
\angle{EBC}=\angle{BDC}+\angle{BCD}に代入します。
\angle{EBC}=\angle{BDC}+10^{\circ}
\angle{BDC}が残っていますが、これは\angle{BDA}とくっつけば40^{\circ}になります。
この中途半端に見える式も重要な情報になります
だから何でも手を動かしてほしいと思っているんですね

二つの内角の和は残る角の外角に等しい性質\triangle{BDA}に使います。
\angle{EBA}=\angle{BDA}+\angle{BAD}に代入します。
\angle{EBC}=\angle{BDA}+20^{\circ}
\angle{BDA}が残っていますが、これは\angle{BDC}とくっつけば40^{\circ}になります。
という事でくっつきそうですね。

\angle{CBA}=\angle{EBC}+\angle{EBA}=\angle{BDC}+10^{\circ}+\angle{BDA}+20^{\circ}
=\angle{BDC}+\angle{BDA}+30^{\circ}
という事で\angle{BDC},\angle{BDA}がくっつきます。
=40^{\circ}+30^{\circ}
=70^{\circ}

もう一つ、三角形と思わず、平行線を使っても求める事ができます。
ADに平行な直線でBCを通る直線を引きます。
三角形の角_8

平行線の錯角は等しい性質より\angle{BAD}=\angle{EBA}=20^{\circ}になります。
また同じく、\angle{ADC}=\angle{FCD}=40^{\circ}になります。
さらに、\angle{CBE}=\angle{FCB}になります。

\angle{FCB}=\angle{FCD}+\angle{DCB}なので、これに代入します。
\angle{FCB}=40^{\circ}+10^{\circ}=50^{\circ}になります。

\angle{CBE}=\angle{FCB}だったので、\angle{CBE}=50^{\circ}です。

\angle{CBA}=\angle{EBC}+\angle{EBA}=50^{\circ}+20^{\circ}=70^{\circ}

(2)次の図の\angle{ABD}の値を求めなさい。
\triangle{ABC},\triangle{ACD}BA=BC,AD=ACより二等辺三角形になっています。
二等辺三角形の二つの底角は等しい性質より\angle{BAC}=\angle{BCA},\angle{ACD}=\angle{ADC}になります。
これより\angle{BAC}=\angle{ADC}になります。

これ以上埋まるところが無いですね。
x=\angle{ABC}とします。

二つの内角の和は残る角の外角に等しい性質\triangle{BDA}に使います。
\angle{CDA}=\angle{DBA}+\angle{DAB}になります。
\angle{CDA}=x+30^{\circ}
\angle{BCA}=\angle{CAB}=\angle{CDA}=x+30^{\circ}であることがわかりました。

三角形の内角の和が180^{\circ}となる性質\triangle{ABC}に使います。
\angle{ABC}+\angle{BCA}+\angle{CAB}=180^{\circ}です。
x+(x+30^{\circ})+(x+30^{\circ})=180^{\circ}
3x+60^{\circ}=180^{\circ}
3x=120^{\circ}-x
x=40^{\circ}
\angle{ABC}=40^{\circ}になります。

終わりに

わかりそうなところから埋めていけば大体答えにたどり着けます。
埋まらないときは平行線を引いてみたり、対角線を引いてみたりしてみましょう。
もしくは方程式を作って解いてみましょう。
特に二等辺三角形や正三角形等の「等しい角」というのは方程式を使う場面が多くなります。

関連

平行線と角の問題の解法
多角形の角の問題の解法
三角形の合同の問題の解法
平行と面積の問題の解法

アンケートのご協力をお願いいたします

最後までお読みいただきありがとうございました。 よろしければ記事改善のためのアンケートにご協力頂けましたら幸いです。 頂いた内容をもとに近日中に記事を改善させていただきます。 ご質問は数学の問題に関する質問から頂けますとお返事させて頂きます。

記事を作成するうえでの参考にご意見いただければ幸いです。

疑問は解消されましたか?
 された されなかった

このページの記事の内容はわかりやすかったですか?
 わかりやすい わかりにくい

よろしければわかりにくい場合の理由を教えてください。
 細かすぎる、当たり前なところまで書きすぎ 粗すぎる、行間の不足、論理の飛躍 前提となる知識の記載が無い 言葉の意味が分からない 答えに至る過程の何故そう考えたかの記載が無い 難しすぎてわからない 簡単すぎる 求めていた例題と異なる

ご要望やご意見、もしくは困っている事等(任意)


内容に問題が無ければこちらにチェックをつけて送信ボタンをクリックしてください。

数学解法の目次ページ

数学のコンテンツで数学の演習問題の解法を解説しています。 高校の範囲に限定した目次を作成しました。
高校数学の解法(目次)
数学のコンテンツで数学の演習問題の解法を解説しています。 中学校の範囲に限定した目次を作成しました。
中学数学の解法(目次)
数学, 解法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存