スポンサーリンク

Evernoteのご紹介

ホームページのリニューアルに伴い一部のページは新しいサイトにリダイレクトされます。

 

何かしら得た知識がお役に立てば良いなと思い、忘れないうちに記事にまとめておきたいと思います。

Evernote

お仕事の中で、ある情報を蓄積・活用したいというご要望から、Evernoteの利用をご提案させて頂きました。
Evernoteは一言で言えば、「進化したメモ帳」かなと思います。
使い方次第ですが、例えば日系電子版の記事をスクラップしておき、好きな時間・場所で読み返すことができるようになります!

機能のご説明をいくつか

まず、Evernoteは各種テキスト、画像等のファイルから、webページまでをメモとしてクラウド上に残しておくことができます。
タブレット端末などでアプリを導入すると手書きのメモを作ることもできます。
クラウドですので、PCで操作したものをタブレット端末で閲覧するなどの利用ができます。

構成要素

構成要素として、「ノート」「ノートブック」があります。
・ノート
ルーズリーフの一枚がみのイメージです。
ノートとしてテキストや画像入りのテキスト、webページなどを登録することができます。
・ノートブック
ノートを束ねておく、ルーズリーフでいうバインダーです。
ノートブックに複数のノートを登録し、一冊のノートブックが出来上がります。

連動機能

EvernoteはGoogle chromeの拡張機能や、日経新聞と連動がされています。
・Google chromeの拡張機能
webclipperという拡張機能があります。
拡張機能を導入しますと、chromeの右上にアイコンが付き、webページを保存することができます。
テキストはもちろん、画像、リンクなど、すべてが一つのノートとして保存されます。
・日経電子版と連動
日系電子版の記事に像のアイコンがあるのはご存知でしょうか?
こちらがEvernoteの連携ボタンになっており、電子版の記事をEvernoteに保存することができます。
電子版の記事が複数ページにわたっていても、うまいこと一つのノートとして保存してくれます。

使い方の注意点

EvernoteとPCのブラウザ、タブレット端末のアプリの役割をそれぞれ理解しておく必要があります。
・Evernoteサーバー
Evernoteはサーバーとして記事をためておく器であることと同時に、PC等でアクセスした際に記事を適切な形で表示する役割があります。
メールアドレスを用いてユーザ登録をし、専用の領域を割り当ててもらいます。
保存する領域に制限は無いようですが、プランによっては月毎の転送量に上限があるようです。
・PCのブラウザ
Evernoteにアクセスし、Evernoteから受信した情報を表示し、閲覧・編集することができます。
編集した情報はブラウザからEvernoteのサーバーに送信され、クラウド上に保管されます。
なお、タブレット端末同様、ソフトウェアをインストールし、ブラウザ以外で閲覧・編集することもできます。
・タブレット端末のアプリ
android端末ではEvernoteをブラウザから閲覧することができませんでした。
Evernoteにアクセスし、Evernoteから受信した情報を表示し、閲覧・編集するためには、専用のアプリをインストールする必要ができます。
編集した情報はブラウザ同様、アプリからEvernoteのサーバーに送信され、クラウド上に保管されます。

タブレット端末のwebクリップ機能

タブレット端末ではGoogle chromeの拡張機能が使えないようですので、webクリップ機能をもつアプリをインストールする必要があります。
ただ、日経電子版のようにもともとEvernoteと連動していて専用のボタンがあるような記事の場合は、専用ボタンから保存ができます。
Evernoteと連動していないページを保存したい場合、webクリップ機能を持つアプリが必要になります。

まとめ

個人的にはかなり便利なサービスだと思いました。
転送量の制限等はありますが、上記のような操作はほぼ無料で行うことができます。
※タブレットのwebクリップアプリは有料でした
気になる記事をノートブックを分けたりタグ付けしたり整理しながら溜め込んでいくことができますので利用してみたいと思います。
「一連の使い方を知りたい」、「こんな使い方はできるか」などのご要望がありましたらお問合せからご連絡ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
スポンサーリンク