塾や家庭教師の比較をもとにして生まれたシステム

私は家庭教師(個人契約も仲介契約も両方あります)、塾講師両方の経験があります。
その経験から、当塾の開設にあたりどのようなシステムとするのが生徒様にとって最も良いのかを考察して参りました。
最も生徒様のお役に立てる形で夢を叶える塾を作りたいという思いから生まれたシステムですから、そこに自信を持っているからこそ選んで頂きたいと願っています。
そんな私が塾の比較検討した経緯を掲載すると偏ってしまうと思われてしまうかもしれませんが、正直な思いで比較検討した経緯をご案内させていただきますので、ご参考にして頂けたら幸いです。
※加えて山形を前提としています。
また、私が作った場合のシステムとして分類したものを比較をしますので、具体的な店舗様を比較しているわけではございません。
現実には私がそうであったのように、その形態によって発生する課題などは個々の塾様で対策され、私の考察よりも高い効果となっていることは容易に想像できますのでご留意ください。

分類

まず比較するために分類していきます。
説明が不要なくらい当たり前のことであっても、比較する上で記載しておきたいと思います。
この段階で赤はメリット青はデメリット緑はどちらとも言えない点を色付けしています。
個々の解説が不要な方は、比較からどうぞ。

授業形態による分類

相対評価は比較で行いたいので、絶対評価をできるだけ公平な視点で記載していきます。

  • 集団授業の特徴
  • 1回の授業に掛かる費用を生徒様が全員で負担する形式になり、生徒様の様子を伺う時間や質問の解答も全員で分割されます。
    講師からの発信が中心になり、塾が求める事をインプットする勉強を行う時間を作れます。
    授業の時間は固定になりますので、都合が合わなければ欠席となります。
    個々の生徒様の能力を把握したうえで、塾側が全体を考慮して設定した授業が行われます。
    講師は複数の同じことを学習する生徒様の状況を把握しながら、必要な授業を発信していきます。

  • 個別指導の特徴
  • 1回の授業に掛かる費用を生徒様が1~4の少人数で負担する形式になりますが、生徒様の様子を伺う時間や質問の解答も全員で分割されます。
    講師からの発信よりも生徒様からの発信に回答する事が中心になり、生徒様が求める事をインプットする勉強を行う時間を作れます。
    生徒様がわからないところを発信できる面と、そこに時間を費やすことで生徒様に本当に必要な点を講師側が発信しにくい面とあります)
    授業の時間は変動になりますので、都合が合わなくても限られた期間の中で変更できるシステムにもできます。
    個々の生徒様の能力を把握したうえで、塾側が個人に設定した単元を演習する授業が行われます。
    講師が生徒様のレールを引き依存型人材になる可能性が高くなると考えています。)
    講師は複数の異なる単元を学習する生徒様の状況を把握しながら、一人一人の質問に回答することに追われます。

  • 家庭教師の特徴
  • 個別指導と家庭教師ではやはり大きな差があると考えているため切り離して分類していますが、専門として家庭教師をされている場合の特徴になります。
    家庭教師は専門でする場合とアルバイトのでする場合とで大きな差がありそうだということはご理解いただけると思います。
    また、家庭教師は個室という空間ですから、第三者の視点での評価(さらに講師へのフィードバック)がされにくいという点もあります。
    1回の授業に掛かる費用を生徒様が1人で負担する形式になりますが、生徒様の様子を伺う時間や質問の解答はすべて一人の生徒様に向けられます
    講師からの発信と生徒様からの発信を講師側が調整することで、生徒様が求める事と生徒様に必要な事をインプットする勉強を行う時間を作れます。
    授業の時間は調整になりますので、都合が合わなくても変更できるシステムにもできます。
    個々の生徒様の能力を把握したうえで、講師が個人に設定した単元を解説・演習する授業が行われます。
    講師は一人の生徒様の状況を把握しながら、必要なポイントの解説、生徒様のわからないところの質問に回答する等、自由に授業を構成する事ができます。
    講師の人物像に生徒が左右される部分が最も大きい授業形態と考えています。

  • 映像・テキストの特徴
  • 映像授業と書籍や情報商材等のテキストから独学で学ぶ形態として分類します。
    購入した条件の下でいつでも好きなだけ学習することができます。
    解説が中心の教材であるでしょうから生徒様が求める事をインプットする勉強を行う時間があります。
    生徒様の能力を第三者が把握したうえで勉強の内容を設定することはできません。
    教材を理解する事ができない場合、教材以外の何かを求める必要があります。

経営形態による分類

冒頭での経験は経営ではなく「教える立場」ですので、推測の部分がより多くなりますことご留意ください。
なお、私の感覚では「授業の質」は、講師の「思いや姿勢」と「学力」に大きく依存するという理解なので、経営形態には寄らないと考えています。
そのため資金力があれば講師は教育され質が高いという事は無いというな見方をしています。
(多店舗展開の専門講師であれば元々講師の質を重視して採用しているわけですから質が高いという点は納得です)

  • 多店舗展開塾の特徴
  • 定型化された事務・設備等のシステムが備わっています。
    資金力もあり多数の店舗があるため広告の効果が高く、宣伝に力を入れることができます。
    (資金力を確保することは難しいと考え、システムを考察する上での土台にはあまり乗らないのですが)
    授業を行う教室の他に、授業を行わない本部が必要となるでしょう。
    本部では講師の教育や事務・設備等のシステムを運営することで、教室の負担を軽減します。
    教室長は本部の意向等で変更される場合もあり、く教室長に依存する部分は少ななります。

  • フランチャイズの特徴
  • 多店舗展開塾と重複する部分が多くあります。
    自分がフランチャイザー(本部)になるケースと、フランチャイジー(加盟店)になるケースが想定できます。
    基本的な考え方は、フランチャイザー(本部)にロイヤリティを支払います。
    替わりに、フランチャイザー(本部)のイメージ、集客力、塾を運営するための仕組みを得ることができます。
    フランチャイジー(加盟店)はフランチャイザー(本部)のイメージを変えない範囲で教室を運営することができます。
    経営者に依存する部分は多店舗展開よりも大きくなります。

  • 個人塾の特徴
  • 個々の塾での考えが反映されますから良し悪しを含めた差が激しく、事務や設備もまちまちなります。
    資金力は高くなく広告や宣伝に力を入れることは難しくなります。
    経営者に依存する部分が非常に大きくなります。

講師による分類

人による部分が非常に大きく、一概には言えないので、平均的な感覚としてとらえて頂けると良いと思います。
どのようなケースにおいても、講師の確保は難しくなると考えています。

  • 大学生の特徴
  • 大学生が講師としてアルバイトできるのは短い期間になり、講師の経験が積まれたころに辞めてしまいます。
    自分の勉強を蔑ろにするような方では講師も務まらないので、講師として準備できる時間も限られています。
    生徒様とは年代も近く親しみやすい存在、憧れやすい存在になるでしょう。
    「問題を解説する」というレベルであれば、受験を終えたばかりで十分な能力はあると思いますし、受験に関する記憶も鮮明です。
    講師を「仕事」としてどうとらえているかを、生徒様の目でご判断いただく必要があります。

  • 専門講師の特徴
  • 専門で講師をしているわけですから長い期間在籍することができ、講師の経験を積むことができます
    生活の糧が講師ですから講師として使える時間が充実していて、講師としての自覚は高いでしょう。
    また「問題を解説する」という能力が高い事はもちろん、「教育者」として生徒様の人生を豊かにする能力を向上させることにも励まれていると信じています。

  • (大学生でない)アルバイトの特徴
  • 大学生と異なり、アルバイトできるのは長い期間になり、講師の経験を積むことができます
    好きでアルバイト講師のみを行っているのであれば事情は変わりますが、生活するためには講師として使える時間は限られています。
    受験から年数が経っているにも関わらず講師としてアルバイトを選択する訳ですから、講師としての自覚は高いでしょう。

目的による分類

生徒様の目的ではなく、塾や講師が狙っている目的による分類です。
もちろん生徒様が選択される際は、目的とあっているところを選択されることが重要になります。

  • 学校補習の特徴
  • 学校補習を目的としている塾では、定期試験を想定して演習を行います。
    定期試験は一般的に複雑な応用問題よりも基礎的な問題に重点が置かれますので、そのような演習問題を扱います。
    複雑な応用問題に触れる機会が減り、受験対策が別途必要になるでしょう。
    ただし、しっかりと学校補習ができていれば、応用問題であっても基礎の積み重ねですから慣れるまで時間はあまり掛かりません。

  • 受験対策の特徴
  • 受験対策を目的としている塾では、入学試験を想定して演習を行います。
    入学試験は一般的に複雑な応用問題も出題されますので、そのような演習問題を扱います。
    複雑な応用問題に触れる機会が多くなりますが、その分わからない問題も多くなってしまい勉強と距離を置いてしまう事も出てくるかもしれません。
    基礎的な解説よりも、実際の演習問題を解く時間と解説の時間が増えるでしょう。

  • 勉強方法の特徴
  • 比較的新しい塾のスタイルで、勉強方法やスケジュール管理に特化した塾様が出てきました。
    塾や家庭教師でも授業の中ですべてを解説できるわけではないので同じで、家庭学習が重要であることは間違いありません。
    このようなスタイルの場合、知識や問題の解説は無く、塾や講師に頼らずに解決できる能力が必要になるでしょう。
    その点さえクリアできれば、無駄な解説に時間を取られることは無いので、効率の良いスタイルと言えるでしょう。
    ただし、私の強みである経験をより活かしたいのであまりシステムの考察において土台には上がりませんでした。

比較

目的別に比較していきます。
すべての分類の組合せについて比較してしまいますと、単純に1つずつ選択した組合せだけでも4*3*3=36を各目的で比較することになります。
私の偏見で現実的な組合せを抜粋して比較させていただきます。
また、ワードは一部省略して記載させていただきます。

想定する組合せ

組合せパターン
分類 授業 経営 講師 特徴
個人集団塾 集団 個人 専門 塾長が自ら講義をするようなケースが代表的です。
独立して塾を開業する訳ですから生徒様目線での授業になりやすいと言えます。
授業料は人件費が掛からない分最も安価になるケースと言えるでしょう。
多店舗集団塾 集団 多店舗展開 専門 大規模な講義を実績のある講師が行うようなスタイルになります。
講師に直接指導を仰ぐことは難しいかもしれません。
ですが、実績のある講師のため講義の内容も理解しやすく、得点に繋がりやすい授業になると思います。
授業料は家庭教師や個別指導よりは安価になるケースが多いでしょう。
個人集団塾
バイト
集団 個人 大学生
バイト
集団にはなりますが講師とは近い距離で勉強することができます。
学校の授業の反復、演習をする時間の確保がベースにあり、どこまで塾の色と効果をアルバイトの方に伝えて授業に反映できるかによると思います。
授業料は塾長の単独経営よりは雇用分多少高くなるケースが多いでしょうが、安価な部類になるでしょう。
個人個別塾 個別 個人 大学生
バイト
授業は講師の質に、教室の方針は経営者の考えに左右されやすい環境と言えるでしょう。
経営者が教室の方針を作りますから何に重きを置いているかが重要な判断基準になると思います。
授業料は個別指導としては安価な部類なると思います。
集団塾では難しい個々の生徒様に合わせた授業が最も有効に活きるシステムだと思います。
FC個別塾 個別 FC 大学生
バイト
個人経営の個別指導タイプと近い部分があると思います。
差としてはロイヤリティ分の授業料が高くなりますが、事務・設備・システム面は安定していると思います。
多店舗個別塾 個別 多店舗展開 大学生
バイト
授業は講師の質に、教室の方針は経営者の考えに左右されやすい環境と言えるでしょう。
講師と比較的近い距離で関わることになり影響を受けやすくなります。
授業料は安価な家庭教師相当になると思います。
講習会等で多店舗を支えるだけの十分な授業の提案ができないと経営は難しいと考えています。
家庭教師 家教 個人 専門 必ずと言っていいほど成果が見込める環境です。
しかし最も高価となりやすいことも重要な要素になるでしょう。
家庭教師
バイト
家教 個人
FC
多店舗展開
大学生
バイト
成果が大学生やアルバイトでの講師の質に最も左右されやすい環境と言えるでしょう。
どのような研修をどのくらいの期間で講師に行いその経費をどのようにまかなうかがこのシステムの経営面として重要になります。
ですからもしこのようなシステムの塾を検討される場合はその点を必ず確認されたほうが良いと思います。
十分な研修がなされないのであれば、近所のお兄さんお姉さんが教えてくれる、というイメージが近いと思います。
費用も個別指導よりも高くなります。

今回映像授業や情報商材は対象外としました。
家庭学習が重要になることは間違いないので、高い費用対効果も期待できます。
しかし相手のいない教材ですから、生徒様に依存する部分がどうしても高くなります。
学校で優秀な成績を収めていれば必要もなく、どこかで躓いている場合では教材が「そこにあるだけ」では解消は難しいという点だけ補足しておきます。
何より、直接かかわっていきたいと考えているためになります。

また、個人個別塾で専門講師というケースも対象外としております。
この場合は以下の個人個別塾とは大きく異なり、個人集団塾と専門の家庭教師の分類に近づくと考えています。

目的ごとの効果の比較

「安定」は講師の質としての安定を意図しています。
「幅」は効果が高い生徒様の層を意図しています。
「効果」は塾の想定する範囲の学力の生徒様に対しての目的への効果になります。
「費効」は費用対効果を省略しています。
「総合」は総合的な判断になりますが、Aが高くEが低くなります。
「総合判断」では、私がシステムを考察したさいに懸念される点から、ご検討の際にご留意頂きたい点も掲載させていただきました。

  • 目的とは関係ない比較
  • 「安定」の面では講師が「専門」は高く、「大学生/アルバイト」が低い傾向になります。
    私はこの差にどうしても大きな隔たりを感じてしまい、それが評価に反映されてしまっていると思います。
    「幅」の面で授業形態として「集団」は狭く、「個別/家庭教師」は広くなります。
    加えて講師の質も授業で教えることができるかという点で作用し「大学生/アルバイト」は狭く、「専門」は広くなります。
    「費用」の面では経営形態として「個人」、「FC」、「多店舗展開」の順で高くなります。
    加えて授業形態が「集団」、「個別」、「家庭教師」の順で高くなります。

    「個別」では講師を選択できる事がメリットでもあるので、生徒様の講師を見る目が重要になります。
    「個別/家庭教師」では躓いてしまった場合に追いつくために利用する事ができますが、「集団」では難しくなるでしょう。

    目的とは関係なく学力向上の点で比較
    分類 安定 効果 費用 費効
    個人集団塾 狭~中 中~高
    多店舗集団塾
    個人集団塾
    バイト
    個人個別塾 中~高 中~高
    FC個別塾
    多店舗個別塾 中~高
    家庭教師 中~高
    家庭教師
    バイト

  • 学校補習としての効果
  • 学校補習を目的とした場合、費用対効果の要素が最も重要になると思います。
    「総合」は費用対効果を重視しています。

    学校補習としての効果を比較
    分類 効果 費効 総合 総合判断
    個人集団塾 A 専門の講師が学校補習を目的に準備しているわけですから高い効果を期待できます。
    目的に対して有効と言えますが塾の方針や講師の質は必ず確認してください。
    安価でなければ考えものです。
    多店舗集団塾 D 大は小を兼ねるので学力さえ合えば効果は高いのですが、受験寄りになりますので本来の目的とはあまり合わないかもしれません。
    個人集団塾
    バイト
    B 学校の補助的な要素が強いので、安価でなければ考えものです。
    個人個別塾 A 躓いてしまった後に追いつく場合は最も有効かと思います。
    FC個別塾 C 特筆すべき点はありません。
    多店舗個別塾 D 学校補習に対し費用対効果の面で本来の目的とはあまり合わないかもしれません。
    家庭教師 C 高い効果を期待できますが、学校補習に対し費用の面でどうとらえて頂くかになります。
    家庭教師
    バイト
    E 個別に対し必ず一対一になる点は有利ですが交通費などが掛かります。

  • 受験対策としての効果
  • 受験対策を目的とした場合、効果の要素が最も重要になると思います。
    「総合」は効果を重視しています。

    受験対策としての効果を比較
    分類 効果 費効 総合 総合判断
    個人集団塾 B 専門の講師が受験対策を目的に準備しているわけですから高い効果を期待できます。
    規模として小さいことから幅は狭くなりますので、塾の想定レベルは確認が必要になります。
    この場合もやはり安価でなければ考えものです。
    多店舗集団塾 A 本来の目的に即した授業を期待できると思います。
    基本的に一方的な授業をどれだけフォローしてもらえるかにもよりますのでご確認ください。
    個人集団塾
    バイト
    D アルバイト講師の方がどこまで受験対策の授業を行えるか次第で効果が大きく変わってしまいます。
    個人個別塾 C わからない問題に回答する場面が増えますので、集団授業よりも講師に求める水準は下がります
    講師の学力により幅が変わりますので、幅を中とさせていただきました。
    FC個別塾 D 特筆すべき点はありません。
    多店舗個別塾 B 受験学年の夏期以降の受験直前の飛込で膨大な授業の提案にも耐える講師人数が期待できます。
    そのため費用対効果は低いものの、費用次第で効果を期待することができるため評価を上げています。
    家庭教師 A 高い効果を期待できますが、費用の面でどうとらえて頂くかになります。
    しかし、費用以上のお金には変えにくい価値があるかと思います。
    家庭教師
    バイト
    E 個別に対し必ず一対一になる点は有利ですが交通費などが掛かります。

  • 勉強方法としての効果
  • こちらは講師による部分に依存しますので、特筆して比較することが難しくなります。
    目的とは関係ない比較の「安定」と同様、講師が「専門」は高く、「学生/アルバイト」が低いと考えて良いでしょう。

夢を叶える塾のシステム

上記等を整理し、最高の結果が出るシステムを作り上げたいと思い、現在のシステムになっています。
しかし、よりよくできる部分はより良くし、変わりゆく教育事情も反映させようと日々改善しています。

特徴

  • 授業形態
  • まず集団授業と個別授業の両方の良い点を取り入れています。
    1回の通常授業に掛かる費用を生徒様が全員で負担する形式になります。
    加えてフリー/自習でのサポートにより、質問し放題です。
    また、講師のコーチングの経験から生徒様の様子や変化を察知することができます。
    これら複数の授業システムを取り入れていることにより、塾が求める事と生徒様の求める事の双方をインプットする勉強を行う時間があります。
    授業時間は固定になりますので、都合が合わなければ欠席となりますが、フリー/自習でのサポートにより補習も可能です。
    通常授業特別授業では詳しい解説を行う科目は数学のみになります。
    個々の生徒様の能力を把握したうえで、塾側が全体を考慮して設定した授業が行われます。
    講師は複数の同じことを学習する生徒様の状況を把握しながら、必要な授業を発信していきます。
    また、独自の特別授業により、数学講師レベルの実力を身に着けて頂きます。

  • 経営形態
  • 多店舗展開は私の意向を載せにくく何より資金力の現実問題もあり、フランチャイズもロイヤリティが常に重圧となるので個人経営という点はまず決まりました。
    事務・設備等のシステムはしっかりしているとは言いにくい面がございます。
    (例えば2017年9月時点でお月謝袋での運用になります。)
    資金力がなく広告の効果が低く、宣伝に力を入れることはできません。
    すべてを塾長が行う事を活かし、費用はすべて授業に使われ、安価な授業を実現していると思います。
    長期休暇期に、追加費用を頂く講習会を行わなずに充実した自習環境を無料で提供すること等は、生徒様が安心して通いやすくなることを見込んでのことになります。
    こういった私の意向をストレートに反映されます。

  • 講師
  • 講師の確保は難しく、アルバイトでの講師は今のところ考えておりませんし、強みを活かすためにワンマンで行っております。
    専門で講師をしているわけですから長い期間経験を積んできています
    生活の糧が講師ですから講師として使える時間が充実していて、講師としての自覚も高いでしょう。
    九州大学大学院の修士課程まで数学を学び、大学や就職先での新人育成、コーチング、コンサルタント等の教育に関連した経験もあります。
    「教育者」として生徒様の人生を豊かにする能力を向上させることにも励んでいます。
    手前味噌で恐縮ですが、努力してきた分の自信もありますし、私がお役に立てる可能性がある生徒様と出会えないのはもったいないので素直な思いをアピールさせて頂きました。

  • 目的
  • 学校補習、受験対策、勉強方法を、通常授業特別授業フリー/自習それぞれの授業でカバーしています。
    多少どっちつかずな面があることは否めませんが受験対策も基礎の積み重ねと思っておりますので、学校補習寄りになるかと思います。
    また、私は本来の教育とは勉強のみにとらわれてはいけないと考えております。
    そのために「数学を通して夢を叶える力を育む」という事を真の目標に置いています。

改善効果

上記のシステムを取り入れたことによる改善効果です。

改善効果
視点 学校補習 受験対策
集団授業のデメリットをカバーできるフリー/自習により幅は間違いなく改善されています。
しかし、数学のみという特色は数学以外の勉強をする時間は増えるメリットがあるものの、幅を狭めているデメリットもある点は否めません。
効果 学校補習をメインとする通常授業に加え、それを補う形でフリー/自習特別授業による厚いサポートをご用意しております。 受験のテクニックをガンガン解説するような授業はありませんので、そういった期待には応えにくい面があります。
一方、受験対策では試験の様子からテクニック面もアドバイスすることができます。
更に、特別授業受験のテクニックが不要になる効果があると考えています。
費用 無料であるフリー/自習をどれだけご活用いただけるかで、変わってくる部分もあるかと思います。
広告費、授業に係る人件費、事務や設備に係る費用は最小限に抑えております。
また、長期休暇は特別授業が開始のタイミングにはあたりますが、講習会は行っておりません。
総合 数学に特化している点が生徒様の目的と合うかどうかでお勧めできるかも変わってきます。
通常授業特別授業フリー/自習の3種の授業でフォローするため、学校進度に追いつく事も可能です。
フリー/自習にも比重を置いております分、勉強を受け身のままですと中々効果は表れにくくなってしまいます点も強調されることになります。
この点については「数学を通して夢を叶える力を育む」という事を真の目標に置いていますので、勉強が好きになりやりたくなるように努めさせていただきます。

終わりに

塾や家庭教師の色々な形態から私がシステムを作り上げるまでの比較を紹介させていただきました。
しかし、冒頭にもあります通り、現実には私がそうであったのように、その形態によって発生する課題などは個々の塾様で対策され、私の考察よりも高い効果となっていることは容易に想像できますのでご留意ください。
強みをどう活かし、弱みをどう対策しているのかについて、ご確認されると良いと思います。
百聞は一見に如かず、魅力的な塾が見つかったら直接目で見て体験してご判断いただくのが良いと、私は思います。

ページリンク

夢を叶える塾についてのご案内です。 授業の概要や、住所や電話番号等掲載しています。
夢を叶える塾についてのご案内
塾長の挨拶と自己紹介です。 まずは塾設立の思いをご確認頂けたら幸いです。
塾設立の思い
6種類の授業についてのご案内になります。 詳細リンクから詳しい内容をご確認ください。
授業の種類
料金についてのご案内になります。 目安となる金額から、詳細まで詳しく記載しております。
料金のご案内
ご入会と無料体験までの流れについてのご案内になります。
ご入会と無料体験までの流れ
ご検討頂く上でのご参考になれば幸いです。
よくあるご質問
トップページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存